Cub的ミニマム・セミリタイア生活

低コストで海外生活が可能になるセミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

【2020年最新版】台中のアセアン広場(東協廣場)で購入できる格安台湾SIMを紹介。

[記事公開日]2020/04/02

【2020年最新版】台中のアセアン広場(東協廣場)で購入できる格安台湾SIMを紹介。

今週末に日本へ戻る為に台湾の重慶大廈ことアセアン広場(東協廣場)で日本のSIMを購入してきました。

ここでは東南アジア人がメインに沢山の外国人がいます。

この人たち向けに他ではあり得ないほどの格安で台湾のSIMを売っている知られざる格安SIM売り場でもあります。

今回、台湾の長期間使えるプリペイドSIMを調べて来たので紹介します。

それではどうぞ

驚きの格安で台湾SIMが購入できるアセアン広場(東協廣場)

台湾駅から10分ほど歩いところにあるアセアン広場と言われているビルは現在、東南アジア系の人々(主にベトナム人とインドネシア人)が集う一大拠点となっています。

ここでは、そんな東南アジア系の人々に向けて信じられないような値段で台湾のSIMが売られています。

台湾人にもほとんど知られていない。

このビルも最近は各フロアーやビル前などがリニューアルを常時していて少し前に比べて綺麗になってきています。

そんなアセアンビルで購入できるお得な格安SIMを紹介します。

お得な長期プランSIM

台湾の通信会社は5社あります。

  • 中華電信
  • 台湾大哥大
  • 遠傳電信
  • 台灣之星
  • 亞太電信

その中で下位メーカである台灣之星と亞太電信が格安のSIMを出しています。

台灣之星

私が現在使っているプランです。

365日ネット使い放題で電話とSMSが付くプランです。

便利過ぎて一年ごとに購入して二年間使っています。

ネット使い放題でお値段なんと2256元(8000円)ほどです。

通話を100元分付いていて、100元分使ってしまっても台灣之星でチャージをすれば追加で電話を使うことが出来ます。

ネット規制もなくサクサク使えます。

このSIMのせいで私は台湾で立派なネット廃人になってしまいましたw

日本で月8000円かかるプランが台湾では年間8000円で済みます。

日本の十分の一の値段になる驚くべきプランです。

台湾へ頻回に訪れる人や長期滞在をする方などはこのSIMを購入する為だけにここへ来る価値は十分あると思います。

亞太電信

下位メーカーのライバル?亞太電信も去年秋ぐらいから対抗プランを出してきました。

こちらは同じ値段で380日間使えるプランです。

380日2250元8000円、一ヶ月あたり177元630円

また最近200日プランのSIMも発売していました。

200日使い放題で1499元5400円、一ヶ月あたり225元810円ほどよなります

日本では考えられない値段ですよね。

アセアン広場で購入できる格安SIM

メーカー期間値段一ヶ月あたり
台灣之星365日2250元(8100円)187.5元(675円)
亞太電信380日2250元(8100円)177元(630円)
亞太電信200日1499元(5400円)225元(810円)

日本人の感覚からすると月800円でネット使い放題というと速度規制などあるんじゃないかと疑ってしまうかと思いますが、私は台灣之星を二年間使ってきて不便などほとんどありませんでした。

一応5月で一年プランが切れるので再契約をする予定ですが、亞太電信の380日プランも気になるのでもしかしたら、こっちに変更をするかもしれません。

購入をしたらブログに書きます。

90日プラン・30日プラン

1ヶ月プランや90日プランなども売っています。

80日プランで最安値は大手通信の遠傳電信で一ヶ月あたり399元1450円です。

また一ヶ月のみだと500元1800円ほどで台湾のどの通信業者でもSIMが売っているので短期でもお得です。

これらのSIMは英語やベトナム語などで書かれていますが、他の外国人や台湾人でもパスポートのみで購入できます。

日本プラン

台湾以外のSIMも売っているのですが一番お得はチャイナユニコム(中國聯通)のSIMです。

公式サイトで売っているものがここで購入できます。

日本のSIM6GB・270元を二枚購入しました。

まとめ 台湾のネット環境は世界一!

私は世界中へ行ったことがないので断言するのはどうかと思いますが、あえて言います。

台湾のネット環境は世界一だと思います。

これほど安くてこれほどクオリティの良い通信環境のある国は世界でここ台湾だけだと思います。

一ヶ月800円ほどでネットが使い放題になる環境を一度経験して見てください。

台湾セミリタイアはだてではないですよ。

それでは!

down

コメントする




関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3