【台湾・タイ】底辺外こもり・セミリタイアのススメ

低コストで海外生活が可能になる外セミリタイアの日常・節約記事・マネーハック・生活術などを書いています

香港の巨大ハブ空港「香港国際空港」でやるべきことを紹介

[記事公開日]2019/06/19

香港の巨大ハブ空港「香港国際空港」でやるべきことを紹介

台中の地方の小さな空港「台中国際空港」から香港エクスプレスで一時間半ほどで香港へ到着します。

香港の空港はとにかくデカイ!

正直、大きな空港は一見便利に見えますが、空港内を移動する距離が結構あり歩くのが面倒だったりします。

また観光シーズンなどは利用客が多く出入国などに時間がかかります。

そんな香港のハブ空港「香港国際空港」に到着してからやっておくことについて紹介します。

香港国際空港でやるべき5つのこと

香港国際空港でやっておくと市内移動が便利になることは次の5つ

  1. 香港ドルの入手
  2. SIMの入手
  3. オクトパスカードの入手・チャージ
  4. 制限エリア外にある「ラウンジ」を利用
  5. 市内バス利用

以上の5つです。

その1 香港ドルの入手

円から香港ドルの入手方法を大きく分けて二つ。

  • 空港内にある両替商で円から香港ドルへ交換
  • ATMでキャッシングをする

この2つです。

どの空港でもそうですが、空港内の両替は圧倒的に不利です。必要最小限の交換に留めて起きましょう。

空港内で外貨を手に入れる一番お得な方法は

ATMでキャッシングしてすぐに(大体三日後)に早期返済をすることです。

また香港は尖沙咀にある重慶大廈内にある両替商が圧倒的に手数料が安いです。(大体スプレットが0.1%〜)

ですから現金を香港ドルに交換する場合で市内へ行く方は重慶大廈まで行って交換するのがお得です。

その2 香港のSIMを入手する

空港で香港のSIMの購入方法ですが、香港は速度的には問題はないのですが、使い放題サービスのプリペイドSIMは販売されていません。

空港内のSIMは容量も少なく値段もやや高いです。

一番おすすめするのはタイの通信会社が販売しているSIM「SIM2FLY」です。

アマゾンで購入出来てお得です。アマゾンでは8日・3GBまでと書かれていますが4GBまで利用できます。

また余裕にある方は深水捗まで行き現地のSIMを購入するのがいいと思います。

参考記事

香港・マカオ・深センで一番不満なのはネットの使い放題プランがないことです。

特に安くて使い放題プランのある台湾やタイと比べるとネットに関しては香港はこの2カ国より劣ってますね。

その3 オクトパスカードの入手・チャージ

オクトパスカードとは香港版のスイカ、交通ICカードになります。

地下鉄だけでなく市内バスやコンビニ・マクドナルド・スタバなどでも利用できて便利なので必ず入手しましょう。

特にバスはお釣りが出ないのでオクトパスカードがないと不便です。

オクトパスカード公式サイト

購入場所

エアポート・エクスプレスのチケット販売カウンターで購入できます。

最低購入価格は150香港どるで50香港ドルはデボジットで100香港ドルがチャージされています。

クレジットで購入はできません。

チャージの方法

市内コンビニで100香港ドル単位で簡単にチャージができます。

空港内ではエアポートエクスプレスのカウンターの少し横にエアポートエクスプレスのチケット自販機があります。

そこに一台オクトパスカードのチャージの自販機があるのでそこでチャージが可能です。

この機械に当てると残高が確認できます。

オクトパスカードの使用期限は最終利用から3年です。3年以上経つと利用できなくなるので注意しましょう。

ただしロック解除は可能なようなので使えなくなったらオクトパスカードの売っているところで解除してもらいましょう(私はやったことがないのであまりよくわかりません)

自販機の利用方法

  1. オクトパスカードを入れる
  2. 現金を入れる。50香港ドルと100香港ドル札のみ利用できます。
  3. 一番下のボタンを押す

これでチャージができます。

その4 制限エリア外にある「ラウンジ」を利用しよう。

香港国際空港には入国手続きが終わった後にプライオリティ・パスで利用できるラウンジがあります。

個人的にはかなりおすすめなラウンジです。

食事が美味しい、ネットが速い、シャワーが利用できる。

参考記事

市内行きのバスを利用する

香港市内へ行くバスが安くて便利なので利用しましょう。

ターミナル2行きの看板のあるところを出て右側に曲がるとバスターミナルがあります。

主に使うバス路線は3つ

香港市内・尖沙咀へ行くバスは「A21」 料金は33香港ドル460円

深センへ行く場合は上水行きのバス「A43」 料金30.9香港ドル430円

マカオへ行くバスは「B6」料金は6香港ドル84円

1香港ドル14円で計算しています。

A以外にNが付いているバスがありますN21、これは深夜便という意味で路線は同じです。

地図を見ると上水の方が遠にあるのですが高速を利用するので移動時間は尖沙咀より早く着きます。

市内バスはチケットカウンターがありそこで購入可能です。クレジットカードの利用ができます。

しかしオクトパスカードならそのままバスに乗ることが可能ですのでオクトパスカードを利用しましょう。

バス内部です。一応wifiが使えると歌っていますが遅くて使い物になりません。

まとめ 

香港国際空港に到着してやっておくと市内移動がスムーズになることを紹介しました。

また出国するときなど「空港泊」などをする方をいるかもしれませんが、香港国際空港は冷房がガンガン効いていて数時間滞在すると無茶苦茶冷えるので必ず上に羽織る厚着の上着を持っている方がいいと思います。

これは香港市内に関しても入れることです。

それでは!

私はホテル予約はアゴダとbooking.comをメインに利用しています。

中国本土のホテル予約は中国の予約サイトが数も豊富で確実です。

よりお得な価格を探すならホテル予約サイトを横断して検索するトリバゴが便利です。

ポンタポイントの消化と頻繁に割引クーポンキャンペーンを行うじゃらんも利用しています。

航空チケットは結局いつもここです。

関連記事&スポンサーリンク



オススメ

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3