資産3,000万円からの海外FIRE情報

当ブログもテーマ 「FIREのための資産3,000万円運用術 」「趣味の労働化の構築 」「日本・台湾・東南アジアをメインとした海外生活術 」

【NISA】たわらノーロード信託報酬値下げでインデックス投信の手数料値下げ合戦再開か?

[記事公開日]2023/03/25

【NISA】たわらノーロード信託報酬値下げでインデックス投信の手数料値下げ合戦再開か?

インデックス投資信託を発売している会社から手数料も値下げするニュースが発表されました。

対抗策で値下げする会社も出て来ており、来年から始まる新NISAへ向けて手数料値下げ合戦が再開されそうです。

それではどうぞ

「たわらノーロード」一部ファンドの信託報酬率を 引き下げ

しばらく音沙汰のなかったインデックス投資信託の手数料の値下げですが、たわらノーロードから業界最安値にするというニュースが入って来ました

業界最安値に引き下げるというニュースですが、最安値を目指すと言えば我らの「eMAXIS Slin」シリーズです。

たわらVSスリム

手数料を比べてみました。

たわらシリーズ
(税込)
スリムシリーズ
(税込)
日経2250.143%0.154%
先進国0.09889%0.1023%
新興国0.1859%0.1870%
S&P5000.09372%0.09372%
全世界0.103%0.1144%
8資産均等型0.143%0.154%

スリムは少し前にS&P500の手数料も値下げ発表をしました。

たわらはsp500の手数料がスリムと同じ以外は全て安くなっています。

スリムは過去同業者が信託手数料を下げると同じだけ下げて来たので、今回も下げる可能性は高いと思います。

どちらがいいか

手数料を下げるごとに投資先を変えるのも別にいいと思いますが、個人的にはどちらでもいいかなと思います。

もう0.01%の世界なので気にするほどでもないと思う。

昔の.0.6%→0.2%の比べたらインパクトが小さい。

ただしたわらノーロードは今回大幅に下げて来たので、今後も定期的に下げてくる可能性もあります。

それはスリムも同様。

ですから、どちらに投資するかは・・・

どちらでもいい

どちらも良心的で良い投資信託だと思います。

まとめ

今後の資産形成には

NISAやiDeCoなどの爆増で手数料の安いインデックス投資信託をガチホしていく。

これだけで成功していく可能性がとても高いです。

そう!!

誰でもセミリタイア時代に突入しました。

可能にするには、これを実行するかしないかだけの差です。

本当に良い時代になりましたね。

それでは。

コメント

  • cubさんのおっしゃる通り、これはもう誤差の範囲内です。
    それなりの規模があって永続してくれそうなスリムシリーズを、自分は引き続き積み立てますわ。

    by にし €2023年3月25日 12:51

    • もう十分安くなりましたよね。
      私もスリムでそのまま継続です。

      コメントありがとうございます。

      by cub €2023年3月25日 13:37

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 9,953,765 アクセス
2024年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3