低予算で海外セミリタイア

日本・台湾・タイの三拠点生活を楽しむセミリタイブログ

【セミリタイア】【副業】副業と配当で3万円を稼ぐ、どっちが大変?

[記事公開日]2022/05/26

【セミリタイア】【副業】副業と配当で3万円を稼ぐ、どっちが大変?

現在、ウーバーイーツで収入を得ようと考えているのですが、その目標額は月2万円〜3万円です。

この額を聞くと・・

「たったそれだけ・・プププぷpっっっw」

と思う人もいいでしょう・

いけません!

それではセミリタイア民にはなれませんぞ!!

今回はたった月3万円を稼ぐ方法として

副業or配当

どちらで稼ぐのが簡単かブログで紹介します。

月3万円を副業と配当で稼ぐ

月3万円を副業と配当で稼ぐ方法として今回は「ウーバイーツ」と「高配当株」で稼ぐことにしました。

ウーバイーツで月3万円稼ぐ

今回は5月のウーバーイーツの稼働を参考にします。

5月(4/25〜5/23)の1ヶ月で80件配達して38,450円でした。

稼働時間は36時間です。時給にして1068円、ほぼ1000円です。

一件あたり27分に一回の配達収入は480円だったことになります。

大体30分に一回配達して500円稼いでいることになります。

月3万円稼ぐには

月60件配達して稼働時間は30時間となります。

これがウーバイーツで月3万円稼ぐのに必要な活動時間となります。

配当で月3万円稼ぐには

高配当株で利回り5%の場合(課税20%とします)

これで月3万円を稼ぐには

資金が900万円必要となります。

900万円×5%=45万円

45万円×0.8%=36万円(月3万円)

利回り5%の銘柄やETFを選ぶのはなかなか大変です。それでは4%ではどうでしょうか?

利回り4%の場合

1,150万円×4%×0.8=36.8万円

およそ1,150万円必要となります。

このように配当だけで月3万円を稼ごうと思うと資金が900万円から1150万円が必要となります。

かなり大変です。

副業で月3万円稼ぐメリット

最大のメリットは配当と違い資本が必要ないことと稼働すればほぼ確実に利益を得ることができることです。

損失になる可能性はほとんどありません(実際は仕事が全くない事故に遭うなどリスクはある)

稼働や働けば確実に3万円ゲットできる。

また日本の場合、労働所得なら年間100万円、事業所得なら45万円までなら確実に非課税となります。

月3万円なら課税されないメリットもあります。

副業で月3万円稼ぐデメリット

働けば確実に3万円を稼げるメリットはそのままデメリットにもなります。

つまり

自分が働かなくては収入はゼロ。

高齢になる病気になる働くのが面倒だからと働かなければ収入はゼロです。

当たり前ですが副業は自分の時間を切り売りしないと収入を得ることができません。

労働嫌いでセミリタイアをした人も多いでしょうから、これは最大のデメリットです。

配当で月3万円稼ぐメリット

投資の最大のメリットはお金をリスクに晒して運用するので自分が働く必要がありません。

配当がある限りずっと月3万円を稼ぎ続けてくれます。

それだけでなく株価が将来上昇すれば資産が増える可能性もあります。

自分が動く必要がないのが最大のメリットです。

副業で月3万円稼ぐデメリット

メリットはそのままデメリットにもなります。

つまり配当で稼ぐには大きな元本が必要です。

またリスクを取って運用をするので配当が必ず続くわけではありません。

最悪な場合は配当は受け取れない株価が下がって元本も大幅に減る(最悪ゼロになる)可能性も十分にある。

自分が働く必要はないが投資リスクは必要なので確実に月3万円稼ぎ続ける保証は全くない。

投資の場合、収入・資産額に関わらずほぼ一律20%の課税をされます。

月3万円稼ぐには実際には月37,500円稼ぐ必要があるのがデメリットです。

副業・配当のメリット・デメリット

メリットデメリット
副業・元本はほぼ必要なし
・働けば確実に収入がある
・月3万円ほどなら課税されない
・働かない限り収入はない
配当・働く必要なし
・運用を続ける限り収入が続く
・大きな資本が必要
・リスクを取るので収入の保証はない
・所得・資産額に関係なく一律20%課税されるため実際には37,500円稼ぐ必要がある。

このように副業・配当で月3万円を稼ぐにはどちらもメリット・デメリットがあります。

それではセミリタイアで安全に生活をする上で副業や配当収入をどう活用していけばいいのでしょうか?

それは・・・・

両方を上手く活用すればいいだけです。

どちらもメリット・デメリットがあります。

その点はしっかり理解した上でうまく活用すればいいだけなのです。

どちらも活用して収入を得て生活をしていく。

これでセミリタイアの生活が安定していきます。

早期リタイアした場合など副業をして資産の取り崩しを減らして運用で資産を増やしつつ生活するなど可能となります。

小さな収入を活用してセミリタイア

1万円・2万円の小さな収入を否定的に捉える人が結構いますが、そういう人はセミリタイアに向いてません。

ガッツリ働いて稼ぎましょう。

ただし早くセミリタイアをしたい人などはこの小さな収入源がバカになりません。

上手に活用すれば安定的にセミリタイア生活を続けていくことが可能となると思います。

投資も副業も短期で手っ取り早く稼ぐのではなく長期で見ればまた違った目で見ることができると思います。

それが可能なのもセミリタイア生活だと思いますよ。

それでは!

コメント

  • 元の介護職に戻れば夜勤一発で3万円では?

    by 通りすがり €2022年5月26日 12:29

    • 介護は一日だけ働くのはあまりないですし、利用者知らないでいきなりやるのはしんどいです。

      介護は最後のセーフティネットでフルタイムで働くならアリだと思っています。

      コメントありがとうございます。

      by cub €2022年5月26日 17:26

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 8,964,497 アクセス
2022年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別日記記事

Twitter でフォロー



カテゴリーから探す

UA-45357723-3