CubのFIREmini生活

台湾FIRE情報サイト。低コストで海外生活が可能になる海外FIREmini生活情報を発信しています

【資産運用】【投資信託】SMTがeMAXIS Slimをパクって格安インデックスファンド「My SMT」シリーズを発売

[記事公開日]2022/03/24

【資産運用】【投資信託】SMTがeMAXIS Slimをパクって格安インデックスファンド「My SMT」シリーズを発売

格安インデックス投資信託の先駆者だったSMTシリーズ。

私が最初に積立投資を開始したのもこのシリーズでした、

2009年2月に新興国株投資が発売されて先進国・日本・新興国が初めて揃いました。

投資信託の手数料は」0.6%だったと思います。

これでも最安値。

その後積立はやっていないのですが今でも所有している投資信託です。

もう12年ガチホしてますね。

しかし、その後の手数料の値下げ競争に加わることなくそのまま消えいく存在と思われましたが、その格安版と言える投資信託「MY SMT」が発売されるようです。

それではどうぞ

業界最安値のインデックスファンドシリーズ「MY SMT」シリーズ発売

3/29日より三井住友TAMから業界最安値のインデックスファンドシリーズ11本を発売。

発売される投資信託

商品名手数料(税込)%Slimの手数料(税込)%
日経225インデックス0.1540.154
TOPIXインデックス0.1540.154
国内債券インデックス0.110.132
J-REITインデックス0.2750.187
S&P500インデックス0.09680.0968
ダウ・ジョーンズ・インデックス0.0968なし
グローバル株式インデックス0.10230.1023
グローバル債券インデックス0.1540.154
グローバルREITインデックス0.2750.22
新興国株式インデックス0.1870.187
新興国債券インデックス0.242なし

手数料は完全に横並びですね。

なぜか国内債券の手数料が安いことと、Slimにはない新興国債券インデックス。

発売するのが遅いよ!

業界の先駆者的な存在だったSMTシリーズでしたが、低コストインデックスファンドの発売には完全に出遅れました。

おせーーーよw

他社が最安値の手数料を提示するとそれに合わせる戦略をとったeMAXIS Slimシリーズがマーケティング的に成功しています。

今更感ありありですね。

Slimが物凄い勢いで運用残高を増やしているから我が社も追随していくか的な感じですね。

まとめ

新興国債券と国内債券に投資をするならMy SMTを選んでもいいと思いますが、それ以外はSlimシリーズで十分だと思います。

インデックスファンド投信業界ではSlimシリーズが最大手になっていくと思います。

業界の先駆者的な存在でしたが、今となってはちょっと残念なシリーズとなってしまいました。

それでは。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 8,691,737 アクセス
2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別日記記事

Twitter でフォロー



カテゴリーから探す

UA-45357723-3