CubのFIREmini生活

台湾FIRE情報サイト。低コストで海外生活が可能になる海外FIREmini生活情報を発信しています

【寝金減時代】暴落は月5万円生活で乗り越えます。

[記事公開日]2022/01/21

【寝金減時代】暴落は月5万円生活で乗り越えます。

毎日朝起きると楽しみだった去年とは違い、今年は起きるたびにお金がどんどん減っていく寝金減ターンに入ってしまいました。

泣けるっっっっっっw

ここで謝罪しなくてはなりません。

ごめんなさい調子に乗っていました。

調子に乗ってラグジェアリーな生活をしようとしてしまいました。

今年は心を入れ替えます。

やはり私には底辺がお似合いのようです。

投資の損は節約で乗り越えるのが生き残る底辺投資家

毎日給付金クラスの損失が出ています。

調子に乗って

「今年は月10万円生活をします」

などと嫌味なことを言っていました。

ごめんなさい。

そんな調子に乗っている底辺セミリタイアの私に襲った市場の暴落。

マーケットの神様が「調子に乗るなよ」とお灸を添えたのでしょう。

投資の損を投資で取り返そうとするのが負け組投資家。

勝ち組投資家は投資の損を節約で乗り戻すのです。

そうです!!

この暴落は月5万円生活で取り返します!!

業績相場か?景気後退か?

ここで難しいのは今回の下落が業績相場移行への一時的な調整なのか、インフレ懸念による景気拡大局面の最終相場か判断が難しいことです。

私のようなど素人が判断できるわけではないのですが・・・

現在、米国の中央銀行はインフレを抑える方向へ向いています。

インフレを本格的に抑えるなら景気を抑えるしかありません。

そうなると企業業績の悪化へ向かい・・景気後退の可能性も十分あります。

しかし、適切にインフレを抑えることができれば業績相場へ移行してコロナ後に本格的な景気拡大、上昇へいく可能性も否定できません。

ここで安易な暴落を判断して投資から撤退しないこと。

また安易に一時的な調整だと思って安易に追加購入しないこと。

10%前後の値下がりで慌てふためることのないようにする

追加投資のマイルールは厳しく

前回記事で書いたように2022年に一括投資をしたeMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)が-20%に下がったら追加投資の判断をしていきます。

1/21現在は-4%とまだまだです。

柔軟に生活コストを変動させる

セミリタイアの強みの一つは生活コストを柔軟に変動させることができることです。

これが可能な人は暴落にも不景気にも強いセミリタイアが可能となります。

私の場合は運用資金だけで月10万円生活は不可能です。

月8.5万円(年間100万円)ならギリギリ可能なラインです。

これを月5万円まで下げると十分可能となります。

実際は名古屋の実家生活は月6万円ぐらいあれば十分なラインとなります。

楽しい支出は少し減らす。

コメダは一週間に一回。スシローは月2回、スーパー銭湯は週一回。プールは週一回。

自分の好きなお店は今後はこのくらいに抑えていきます。

(全てのお店に毎月これだけ行っているわけではありません。スシローなどこの2ヶ月全く行っていないです。)

ウーバーイーツ稼働

またサボりまくっていたウーバーイーツも来月から稼働開始します。

やりたい時に稼働して嫌なら稼働しなくていい・・・こんな稼ぎ方が可能なウーバイーツには本当に感謝しかありませんね。

確かに月数十万円稼ぐのは難易度が高いですが、月数万円なら十分可能です。

2月から月5万円ぐらいを目標に稼働していきます。

まとめ

今回の暴落が一時的な調整か本格的な大きな下落になるか全くわかりません。

下がってもセミリタイアを続けることができなくなるようなポジションは持たないこと、そして生活はしないことを守っていれば、今回の下落も乗り越えることができるのではと思っています。

その第一弾が・・・・月5万円生活なのです。

低コストでまったり暮らして暴落の嵐を乗り越えていきます。

その後復活したら海外セミリタイアですね。

暴落&不景気は低コスト生活ができる人が乗り越えていくでしょう。

それでは。

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

ブログ統計情報

  • 8,691,693 アクセス
2022年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別日記記事

Twitter でフォロー



カテゴリーから探す

UA-45357723-3