CubのFIREmini生活

低コストで海外生活が可能になるFIREmini生活情報を発信しています

Go toキャンペーンと株式の配当金でホテル生活が可能となった国に日本はなりました。

[記事公開日]2020/10/27
[最終更新日]2020/11/10

Go toキャンペーンと株式の配当金でホテル生活が可能となった国に日本はなりました。

何かがおかしいぞ!!

と思いながらも早くも一ヶ月ほどGotoトラベルキャンペーンを利用してホテル生活をしています。

そして思いました!!

やはりこれは変だぞ!!

日本はアラブの石油が溢れ出る国でもないのに格安にホテル生活が可能な国となっています。

時代はフリーランス・セミリタイアをしている人が有利になっている話です。

それではどうぞ

Gotoキャンペーンと配当金でホテル生活

項目金額
ホテル1,800
クーポン1,000
その他500
合計2,300

Gotoトラベル割で一泊1,800円ほどのホテルに滞在して1,000円のクーポンを受け取っています。

一ヶ月のホテル代が54,000円で30,000円のクーポンを受け取り実質24,000円がホテル代となります。

これにgotoeat代や日用品などの購入として1日500円として月15,000円

つまりホテル生活の基礎生活費が1日2,300円(ホテル代1,800円+その他500円)・月69,000円で可能となります。

必要十分で一人では快適過ぎるホテルです。

これに娯楽費などを含める

つまり

大阪のホテル生活の一ヶ月の費用は

69,000円+α

はい!大阪の都心の便利なビジネスホテルに泊まって食住光熱費含め、て7万円ほどで生活が可能となってしまいます。

世界で最も安く快適にホテル生活が可能となった国になりました!

ホテル予約はこの二つのサイトからやっています。

最初はキャンペーンの利用の仕方を把握していなくて。せっかくだからちょっと贅沢をして月15万円ぐらいの予算で生活しようと考えていましたが、今は月10万円もあれば十分過ぎる生活が可能となります。

普段はアルコールをほとんど飲まないのですが、大阪にいるとなぜか飲んでしまいます。

ダメ人間を受け入れる土壌があるんだと思います(笑)

今回の不況対策は自由業やセミリタイア者にとってとても有利な制度

セミリタイア向け不況対策

今回の給付金やキャンペーンはもう明らかに自由業者にとって、お得な制度となっています。

場所に縛られる労働者ではこのキャンペーンをフル活用できません。

もう政府が国民にセミリタイアを推薦しているとしか思えませんね。

土日や休日ばかりホテル利用が増えてけしからん、平日利用が増えるように更にポイントも付けよう!!

と自民党政府は考えているようです。

いつから自民党はこんなに国民のことを考える政党になったんだ(笑)

凄いぞ!

もうすぐタダ飯・タダホテル住まいが出来そうですw

国民も給付金に味をしめたようで、合法的な金のばらまきに政治家は走っているようです(笑)

こっちも素晴らしいぞ!!

今回の不況対策が今までと大きく違うのは、業者にばらまく政策を国民に直接ばらまくようになったことです。

これは今後の不況対策は業者から国民に直接配る形になることを示唆しています。

不況型ベーシックインカムの始まりです。

今までは企業に守られていない個人事業主などは不況になると大変不利な生き方だったのですが直接配ることになるのなら、この不利な環境は大幅に減っていくことになります。

正に時代はフリーランス・セミリタイアの時代が始まったのです、

その先駆けがこのGo toキャンペーンだと思います。

この制度をフル活用してセミリタイア生活を楽しみ、底辺労働者がローコスト型セミリタイアであるFIREminiを選べる生き方もあるんだと気づいてくれたらと思います。

セミリタイア実践者でないとこのキャンペーンをフル活用できませんからね。

本当にセミリタイアの時代になったのではと思ってしまいます・・・いやなり始めているんですよ!

それでは!

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事&スポンサーリンク

月別日記記事



カテゴリーから探す

UA-45357723-3