旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

[安宿・ゲストハウスレビュー]台北駅裏で一ヶ月5000元(2万円以下)で住める格安ゲストハウス「台北ゲストハウスJo」が素晴らしい・・・ただし・・

[記事公開日]2015/11/11
[最終更新日]2016/06/03

[安宿・ゲストハウスレビュー]台北駅裏で一ヶ月5000元(2万円以下)で住める格安ゲストハウス「台北ゲストハウスJo」が素晴らしい・・・ただし・・

日本以上に地価の高い台北市内

台湾いいところなんだけど、家賃がなぁ〜

とりあえず、寝るところがあればいいから安いところないかなぁ〜

そんな格安物件を探している人に最適なゲストハウスを紹介します

台北駅裏と便利な場所にありながら月の料金が5000元

1元=1台湾ドル=3.7円として

たったの18,500円

文句なしに安い・・ただしいくつか条件がありますので、それでも泊まるって方限定だと思うのでその辺を記事にします

台湾に一ヶ月5000元で泊まれる「台湾ゲストハウスJo」とは

日本人男性と奥さんが台湾人の経営しているゲストハウスです

部屋の特徴

部屋数は2段ベットが3つ置いてある6人部屋の男性用ドミトリー部屋が一つ

2段ベットが一つ置いてある女性用ドミトリーが一つ

完全個室が一つブログでは個室Aと紹介されています

注意点としてはブログでは個室Cと紹介されている部屋はベランダへの通り部屋となっているので完全個室ではありませんね。他の客や店主が自由に出入りしますので日中はプライバシーなしだと思ったほうがいいです

今は客が少ないので女性はドミトリーを選べば個室のように利用できるかもしれませんね

ブログでは個室Bと紹介されている部屋です

残りの一室は店主夫婦が普通に生活して利用してますw

男性用ドミトリーの様子

IMG_0668

 

個室Aの様子

IMG_0665

 

共有スペース

IMG_0674

 シャワールーム

IMG_0671

 

ゲストハウスには必要な物は一通り揃ってます

(シャンプー等はないです トイレットペーパーはあり)

洗濯機の利用は一回30元 洗剤もあります

シャワールームはトイレと同じところにありアコーディオンタイプのカーテンで仕切られているだけです

誰かがトイレor シャワーを利用していると利用しづらいですね

シャワーはお湯が出ますが圧力が弱く冬は寒いかも?

店主夫婦が住んでいるのでゲストハウスは生活感満載です(笑)

汚れているわけではないのですが、もう少し物を減らすとすっきりするかな

台所は使用出来なく、自炊は不可

ドミトリーの料金

  • 一泊  350元
  • 三泊  1,000元
  • 一週間 2,000元
  • 一ヶ月 5,000元

1日350元(1,300円)は台北市内でも最安値の一つだと思いますが、この宿は一ヶ月の長期契約をすると5,000元ととても安い

一ヶ月契約して荷物をここに置いて他の地域に行くのもいい

アゴダで台北最安値を調べてみる

ゲストハウスjoの場所

ブログで行き方を詳細に説明しているのですが、台北駅の地下は細くて初めてだと迷います

地上も駅周辺は車優先で大通りを渡る横断歩道もほとんどなく途方にくれると駅周辺は初心者には少し厳しいところです

  • 住所 台北市長安西路78巷4弄6之4号3F

住所をスマホにコピペしてグーグルマップで行くのが一番だと思うのですが

簡単に説明します

No__6-4__Alley_4__Lane_78__Chang_an_W_Rd__Datong_District_-_Google_マップ

台北駅の地下から北に向かい隣のバスステーションのある建物へ行きましょう

間にある道には横断歩道が近くになくて渡れません 少し歩くとありますが・・

バスステーションの北側出口を立て(ビル内にスタバがありますので、そこを目印にするのもいい)右手(東側)を歩くと警察署が見えて左手にクリーニング店があると思うのでその前の道を歩く

IMG_0629

最初の小さな十字路を左に曲がり少し歩くとゲストハウスがありますが・・・・

IMG_0631

看板も何もなく絶対わからないと思う(笑)

HPにはポストを目印にと書いていますが、小さくて絶対見逃します!!

せめてゲストハウスの名前ぐらい書いてくれるといいのですが・・・

細い階段を上がり三階です・・・ここまで来ても宿名を書いていない、何で?

IMG_0625

ポスト小さいです

ちなみに十字路を右に曲がると同じ通りにあかりというゲストハウスがあります

こちらも見つけにくいですが、一応、ゲストハウスの名前は掲げています

私が前回紹介した図書館も歩いてすぐです

台北の繁華街も歩いてすぐ地下鉄も目の前、それでいて格安生活を手にいれることができる最高の宿

と・・・・・言いたいところなのですが、一つだけ言っておきたいことがあります

それは・・・

 

 

店主が少し部屋利用に細かい

確かにゲストハウスには宿ごとのマイルールが細く規定されているのですが

ここは特に細かい

店主夫婦が住んでいるから余計ですが・・・とても細かい

  • できれば部屋で食べ物を食べないでください
  • 食べたらゴミ箱に捨てないで冷蔵庫に入れてください(蟻が来るからだそうです)
  • シャワールームの電源は忘れずに消してください(毎回言ってきます)
  • 部屋のハンガーは干す時に利用しないでこちらのハンガーを利用してください(店主がバランス良く配置しているらしい)
  • 濡れタオル等は部屋に掛けないでください(掛けていると勝手に干されます)
  • シャワーと洗濯機は同時に利用しないでください(同時に利用すると水圧が下がるから)
  • 一度に沢山洗濯しないでください(洗濯機が止まるから)

等々、その都度注意されますw

正直、サービス精神は全くないです

話と気さくな方なのですが、人によってはむっとくるかもしれませんね

この辺は神経質な方は注意してください

神経質な方はドミトリーなど泊まらないと思うが

最後にこの宿は日本人or日本語が話せる外国人以外は泊めないとのことです

入り口のドアにもこんなこと書かれています

IMG_0901

全く台湾住んでる日本人のクセにw

 

ここをクリアー出来れば格安台北生活を手に入れたも同然です

素敵な台北生活を

それでは

楽しい台湾旅行をお探しの方はこたらのサイトがお得です

 

down

コメントする




関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3