旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【台湾観光】台湾・桃園国際空港に着いたらやるべき3つのこと

[記事公開日]2017/08/28
[最終更新日]2017/08/27

【台湾観光】台湾・桃園国際空港に着いたらやるべき3つのこと

2017年3月に桃園MRTが開通して桃園国際空港が更に利用しやすく便利になりました。

桃園国際空港についてやるべき3つのことを紹介します。

素早く3つのことをやって台湾観光を楽しみましょう。

桃園国際空港に到着してやるべき3つのこと

  • ATMでキャッシングして台湾ドルを手に入れよう
  • 悠遊カードを手に入れよう
  • 台湾SIMを契約しよう

ATMでキャッシングして台湾ドルを入手しよう

台湾の街中には他の観光地のように両替商がほとんどありません(街中にある銀樓と呼ばれる宝石店で両替をしてくれるところがありますが、外からだと見分けがつかなくてわかりません)

郵便局や銀行でも円を台湾ドルに交換をしてくれます。空港よりはレートが良いことが多いですが、少額の場合は手数料が高くつくことがあります。

ですから、台湾の場合はATMでキャッシングしてさっと台湾ドルを入手しましょう。

VISA・master・JCBどれでも利用できます。

また、街中にあるコンビニ(台湾ではセブンイレブンとファミリーマートが二大勢力です)にあるATMでもキャッシングが可能です。こちらもVISA・master・JCBどれでも利用できます。

悠遊カードを手に入れよう

悠遊カードは台湾版スイカのようなものです。

チャージをして利用すれば地下鉄は2割聞・バスに乗り継ぎをすると1割聞、鉄道も70キロ未満なら1割聞、台中ではバスは10キロ未満は無料など大変便利です。

お店でもコンビニやスタバなどで利用でき、小銭を出さなくていいので重宝します。

公式サイト 悠遊卡

桃園国際空港での入手場所(第一ターミナル)

旅客服務中心と桃園機場捷運服務というサービスセンターにあります。

旅客服務中心は入国ゲートを出て、ゲートを背に右側、SIM売り場の向かい側にあります。

桃園機場捷運服務はMRTが開通してできたサービスセンターです。ゲートを背に左側を少し歩くとあります。

どちらも目立つのですぐ見つかると思います。

カードの代金は100台湾ドル、100台湾ドル単位でチャージが可能です。

桃園国際空港から台北駅までは160元(580円)となっています。

地下レストラン横のエスカレーターを下って行くとあります。こちらもわかりやすいので迷うこともないと思います。

桃園機場捷(Taoyuan Airport MRT)と大きく表示があります。

そのまま降りていけば地下鉄乗り場です。

プリペイドSIM契約の契約をしよう

台湾のネット環境を快適です。 SIM契約を簡単。

台湾大手5社と契約が可能です

  • 中華電信
  • 台湾大哥大
  • 遠傳電信
  • 台灣之星
  • 亞太電信

個人的にオススメは台湾大哥大です。空港では4G契約のみ契約可能です。

参考記事

【台湾プリペイド型SIM携帯契約情報完全版】 旅行者・長期滞在者・留学生別プラン。最もお得なプランと契約方法を紹介します。

契約期間なら使い放題のサービスです。台湾大哥大は契約期間が切れても街中のお店で契約期間使い放題になるサービスを同じSIMで契約可能です。

最大手の中華電信はこれができないのが少し不便です。

クレジットでの支払い可能です。パスポートの定時が必要。

以上、桃園国際空港についたらやるべき3つのことを紹介しました。

桃園MRTが開通して、台北への行き方や桃園の台湾新幹線の生き方がとても簡単になりました。

上記の3つのことを空港でサクッとやり台湾観光を楽しんでください。

私はこの3つのサイトで宿泊先を探しています

時々キャンペーンをやっている旅行サイト

航空チケットはもちろんここで探しています。

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3