旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外セミリタイア系No1 ブロガーby 台湾太郎

【台中観光】台中駅近くにある「東協廣場大樓」4階にあるホテル「伴畔旅店 (HOTEL HALF)」を紹介します

[記事公開日]2018/03/13

【台中観光】台中駅近くにある「東協廣場大樓」4階にあるホテル「伴畔旅店  (HOTEL HALF)」を紹介します

台中の重慶大廈と私が勝手に名付けているビル「東協廣場大樓」。

参考記事

本家、香港の重慶大廈は訪問する度に廃れている気がして心配なのですが、台中の重慶大廈こと「東協廣場大樓」は日に日に新しいテナントが入り華やかに怪しさ満載になって楽しいところになってきています。

ビルには各フロアーに紹介するホテル以外に複数のホテルが入り一大ホテルビルになりそうな予感です。

そんな「東協廣場大樓」の4階に半年前にオープンした新しいホテル「伴畔旅店 (HOTEL HALF)」に知人が働いているとのことでちょっと見学に行きました。

見学すると予想以上に良いホテルだったのでブログで紹介したいと思います。

「伴畔旅店 (HOTEL HALF)」

場所

住所  台中市 中區綠川西街135號4樓

台中駅から歩いて10分ぐらいのところにあり利便性が大変いいです。周辺も日本では味わえないようた異国情緒がありおすすめです。

ビル正面に専用エレベーターがあるのでそこから4階へ行ってください。

ビル正面の黄色いエスカレーターから乗る。

このビルには他にもエスカレーターが沢山のあるのですが各階への専用エレベーターになっているものが多いので注意してください。

チェック・イン・アウト時間

  • チェックイン 17時〜0時
  • チェックアウト 12時まで

チェックアウトは12時までとゆっくり滞在できます。

エレベーターを降りると4階ワンフロアーがホテルとなっています。

ここは前は映画館だったとのことでその時の雰囲気をそのまま残しているのかフロアーも各部屋も映画のセットのような感じになっています。

私はビルの雰囲気をイメージしたので訪れた時は全く違う雰囲気で驚きました。

非常に綺麗でゆったりしたホテルとなっています。そこが香港の重慶大廈のホテルと違うところです。

ホテルフロント周辺も広く取られて贅沢な作りなっています。

滑り台のようなところがフロントです。

部屋数

ドミトリーが男女別々に別れていてそれぞれ45部屋、個室は125部屋、敷地面積が1200坪、合計217部屋と結構大きなホテルです。

部屋を案内してくれたお二人、右側の女性はただのスタッフだと思っていたら社長夫人でしたw

台北中心に19店舗を展開している凄い方です。台湾の株式市場にも上場しているようです。

社長共々気さくな方でした。

ドミトリー部屋

上下二段となっていて壁もしっかりしています。

部屋も清潔、プライベートもしっかり確保できます。

シャワールームもトイレと別々で複数ありとても綺麗です。

(トイレとシャワーが一体のところが結構あるのですが、一体型は少しポイント下がりますね)

ドライヤーも付いています。

シャワールームも壁でしっかり区切られています。

大きな荷物ボックスもしっかりと付いています。

ドミトリーの料金 1台湾ドル3.7円

平日 580元(2150円)

週末 680元(2,500円)

朝食なしだと80元安くなるとのこと

朝食なしだと平日500元(1,800円)で泊まれるのでこの立地と施設充実度なら十分満足だと思います。

ただ80元でお腹一杯食べられるなら朝食付きにした方がいいかな。

個室

個室はシングル・ダブル・四人部屋・ファミリー部屋など部屋タイプが充実しています。

ここは車椅子の方でも泊まれる部屋となっています。

トイレ、シャワールームも車椅子で使えるようにとても広くとっています。

ダブルルーム

このホテルは電源が各部屋充実していてとても「分かっている」ホテルでいいですね。

コンセントがベット周りにないと何気に不便です。ベットの頭の壁に電源のあるホテルは初めて見ました(笑)

とても分かっていますねw

トイレ、シャワーも別べになっていてとても清潔に保たれています。

ロフト付きの四人部屋

ロフトと下の部屋にそれぞれベットがあります。

キッチンがないのが残念。

シングル・ルーム

シングルルームはちょっと狭いですね。値段は1200元(4,300円)とのこと。

一番おすすめなお風呂付の角部屋

窓のロール・カーテンを開けると・・・

ホテルの窓の目の前には最近完成した「綠川水岸廊道」があります。

参考記事

この部屋、平日なら2,000元気(7,400円)で泊まれるとのことなのでコスパとてもいいですね。

個室は大体2,000元〜3,000元とのことです。

フロアーが広いので色で区切って迷わないように分かり易く表示しています。

黄色は黄色・青は青と廊下の床の色も同じ色に統一しています。

黄色と青に別れて分かりやすいです。

朝食付

広く食事もい色々あるようです。食べ放題なのでおすすめです。

まとめ

台湾のホテルは一万円以下でもかなり広くてゆったりしているところが多くおすすめホテルが多いです。

中国人観光客が減ったため値段を下げているところが多いようです。

このホテルは台中駅近くで立地がとてもよく、ホテル自体も新しくとても綺麗です。

特に個室は割安感がありおすすめです。このホテルを拠点にしてホテル周辺をブラブラするだけでも台中は楽しいですよ。

特に週末にはベトナム人やインドネシア人がこの辺周辺に集まり週末しか開かないベトナム料理店やインドネシア料理店などがたくさんあり街の雰囲気が一変して楽しいです。

ホテル近くに私のおすすめ「肉羹飯店」もあります。

参考記事

今後も東協廣場大樓はお気に入りビルなのでこれからもブログで紹介していきます。

ホテルの予約はこちらから

関連記事&スポンサーリンク

海外セミセミリタイア投資部

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3