旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

これが節約ブロガー台湾一ヶ月の生活費です@2015年11月版

[記事公開日]2015/12/08
[最終更新日]2016/07/15

これが節約ブロガー台湾一ヶ月の生活費です@2015年11月版

前回の家計簿は単純に一ヶ月の生活費をアップしただけだったのですか、今回から月ごとの家計簿を記事にしていきます

それではどうぞ

11月の台湾での生活費(1元=3.8円で計算)

住居費4,200元
水道光熱費0

通信費1,000元
交通費3,268元
食費10,281元
日用品2,069円
娯楽費1,120元
合計21,938元
(83,364円)

住居費 4200元 (15,960円)

これは、今住んでいるところの2週間分の家賃2000元と

ゲストハウスJOの3日分の料金900元

前回、花蓮で泊まったダウニホステル1,300元の料金です

12月は中旬から南に移動する予定ですが・・・年末、宿取れるかな?・・・最悪、野宿か

水道光熱費 0元

変わらずです

通信費 1,000元(3,800円)

4Gパケ放題を空港で再契約してきました

いろいろ調べたり人から聞いた話を総合すると、ネットは台湾大哥大(Taiwan Mobile)の3Gパケ放題800元で問題ないようなので、次回はここで契約しようと思ってます

交通費 3,268元(12,418円)

予想外に使ったのが交通費、花蓮の往復代やタクシー代などちょこちょこ使ってしまいました

ここは改善の余地大ありです

食費 10,281元(39,067円)

食費も同様10,000元突破、正直、あちこち食べ歩きをやり過ぎました

ここももっと削減できますね

お店の紹介をしても私のブログではあまりアクセス数も増えないのでジャンルが違うのかな?

自分自身あまり食にこだわりもないので気に入った店があればそこに通えばいいと思っている

日用品・その他 2,069円(7,862円)

台北が突然寒くなり冬服を一枚

娯楽費 1,120円(4,256円)

娯楽費は反対に少なかったですね・・・引きこもり体質だから?

合計 21,938元(83,364円)

ちなみに10月の支出は

9,740元(37,012円)(10/24〜10/31)

正直、月2万元(76,000円)で生活出来ていませんね

食費は正直、もう少し減らしたいですね 一日1,000円 月30,000円 8,000元ぐらいに

交通費は正直、これから移動があるのでどこまで減らせるか自信が少しないです

ただ、長期で滞在すれば台北以外の地方都市なら月20,000元生活は十分可能だと思います

基本生活費はもっと減らせます

月6万円ぐらいまで下げたいですね

それに+アルファの娯楽費・教養費で月8万円ぐらいで台湾生活を満喫出来たらと考えています

台湾地方生活ストイック版やcubのデュアルライフ構想などはまた別記事で!

まとめ

  • 10月:9,740元(37,012円)(10/24〜10/31)
  • 11月:21,938元(83,364円)

家計簿管理・資産管理・お金の流れを管理するのはマネーフォワードが最適です

この機会に家計簿で導入してみてはいかがでしょうか?

 

 

関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3