cubの日記 年収100万円の楽しい海外生活術・台湾編

年収100万円で楽しく海外生活をするノウハウと実践記事を紹介しています。副題は「トランク一つで海外暮らし」One Bag Living。本当に欲しい物を選別して好きな国、好きな場所で生活していくブログです。現在、台湾・台中で活動中 9月より中国語学校編が始まります。

月20万円稼ぐ力があればセミリタイヤの道が開けるぞ Part1

[記事公開日]2015/07/18
[最終更新日]2017/01/08

月20万円稼ぐ力があればセミリタイヤの道が開けるぞ Part1

人生時々ニート

私の座右の銘でございます。

疲れた時は仕事なんぞ休むに限る

しかし、先立つものがなければ実行できません

親の遺産や収入があればすぐにできるかもしれません

しかし、私のように親が貧乏・・・そんな場合はどうしたらいいのでしょうか?

セミリタイアへの道・・まずは月20万円稼ぐ力をつけましょう

20万の収入の時、税金や健康保険がいくら掛かるかわかりますか?

収入-支出がプラスになるように生活することがセミリタイヤへの最短の道です

それではいってみましょう

月20万円の時、税や社会保障費はいくらになるか知っていますか?

パートや派遣、ブロガー収入で生計を立てている皆さん、自分が収入20万円の時、税金や社会保障費がいくらか大体でも知っていますか

知らない?・・・そんなのは許されません

今後は増えることはあっても減ることはない税や社会保障費

自分がどれだけ取られているのか?

一番取られない収入はどのくらいか?

大雑把でもいいので頭に入れるようにしましょう

収入からいつも10%取られてるけど、面倒だからどうでもいいや!そんな考えでもセミリタイアへの道など開けるわけがありません

現在、ネット等で簡単に収入から税や健康保険料を調べることができます

月20万円ならいくら払うか、調べてみましょう

収入20万円の健康保険料はいくらか?

市町村ごとに保険料が違うのですが、このサイトで簡単に調べることができます

フリーになったら国民健康保険

私の住んでいる名古屋を例に記事にしてみます

40歳〜64歳の場合(独身・扶養家族なし)

名古屋市の健康保険料は年間218,140円(月18,278円)

月20万円から保険料が18000円掛かることになります

高いですね・・ちなみに、健康保険料が最も安くなる収入はいくらかわかりますか?

名古屋市の場合、保険料が均等割のみの収入が一番安くなりそれは

年収98万円の時になります

このサイトですと年間65806円(月5484円)となっていますが

均等割のみの場合、保険料の7割免除を受けることが可能となり実際は

年間19742円(月1645円)ほどになります

注意点は免除資格のある方に市役所から免除の手続きをすれば安くなるよ

そのような連絡は

絶対にありません

ご自身で調べて免除の申請をしなくてはなりません

この免除基準は結構甘くて扶養家族が一人でもいれば、月20万円以下の収入で何割かの免除を受けることができる可能性があります

別に難しいことなど何もなく、ただ市役所に行って、健康保険料の免除をしたいのですが?

そう言えば、機械的に調べてくれます 

怪訝な態度を受けるようなことはありません 必ず申請を受けましょう

月収20万円の時の所得税・住民税はいくらになるか?

これもこのサイトで調べれば簡単に分かるようになりました

所得税・住民税簡易計算機

簡単にしらべてみましょう 社会保険料を年間40万円として計算します

  • 所得税・・・・・・36,000円
  • 復興特別所得税・・756円
  • 住民税・・・・・・79,500円
  • 合計・・・・・・116,256円

これだけかかることになります

ちなみに、住民税均等割まで税金が全くかからない収入はいくらかといいますと

年収93万円の時になります

つまり、健康保険料が最も安い年収が98万円

所得税・住民税がゼロになる年収が93万円

年収93万円までが最も税や保険料のかからないマックスの収入だと覚えていてください

現状 年収240万円(月収20万円)の場合 

国民健康保険料・・・年間218,140円(名古屋市の場合)

所得税・住民税・・・年間116256円

合計334,396円 (月およそ28,000円ほど)

月収20万円から毎月28,000円引かれて

手取りが月172,000円となります

高いですねぇーーーいや、ホントやってられません

フリータや派遣が簡単に節税する方法はないのでしょうか?

 

国民年金の免除や未納期間のある方は思い切って支払いましょう

これも意外に知られていなのですが、国民年金などの保険料は支払った年が社会保険控除枠になります

ですから、一番合理的な支払い方法は無職の時は免除手続きをして、収入のある時に免除期間の保険料を払うのが一番得になります

実際は何年も無職の方が少ないのでそこまで考える必要はないが、何年かセミリタイヤをしてその後働く可能性のある方は知っておいていいい思う

確定拠出年金を利用しよう

一押しの節税が確定拠出年金を利用する方法です

拠出金額が丸々控除枠になります

月35000円支払えば 年間42万円控除枠が増えることになります

税金も年間52,815円となり

掛け金なしの時に比べて63,000円ほど税金が安くなります

オススメの確定拠出年金口座はこちらの記事を参考にしてください

個人型401k最新情報

現状、雇われの身では国民健康保険料を安くする方法はない

残念ながら、税金を安くすることができても国民健康保険料を安くする方法はありません

健康保険料は上限があるため、低所得者にとても厳しい!!

不思議なことに低所得者の中で保険料の負担が厳しいと訴える人が多くないんですよね

なぜなんでしょうかね?

収入が低くても将来の自分のために個人型確定拠出年金に加入しましょう

税金も戻ってきます

税金・健康保険料・国民年金の支払いをクレジットカード払いにする

税金と国民健康保険料とコンビニ払いにすればクレジットカードのポイントが付きます

現状、クレカ払いにするにはセブンイレブンのnanaco払いにしなければなりませんが

マイナンバー制度になれば2016年または2017年までにはクレジットカードで直接支払うことが可能になるようです

税金・健康保険・国民年金の3つの支払い合計は年間50万円ほどになります

私はリクルートカードで支払っていますが

参考サイトはこちら→ リクルートカードプラス

リクルートカードの場合、ポンタポイントが2%付くのですが

税や保険料の支払いだけで1万ポイントも付くことになります

これも絶対にお得ですので、税金や保険料をクレカ払いにしていない方は是非、実行してください

月収20万円でもこれだけ税や社会保障がかかる

確定拠出年金なしの場合

国民健康保険料・・・・年間218,140円

所得税・住民税・・・・年間116,256円

国民年金保険料・・・・年間183,160円(1年前納の場合)

合計 517,556円 (月43,000円ほど)収入の21.6%

円グラフで表すと

 

フリーターや派遣で月の収入が20万円でもそこから2割以上は税金や社会保障費に支払っていることを自覚していますか?

実質的な手取りはおよそ16万円

ここから日々の生活費、セミリタイヤに向けての資産形成をしなくてはなりません

厳しいですよねぇ〜

厳しいですが、諦めてはいけません

諦めてはそこで人生の試合終了です

なぜ、これからの時代、この国で生きていくには圧倒的ローコストな生活が必要かお分かりでしょう

少し長くなったので、Part2に続きます

down

コメントする




夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3