旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

【楽天証券】iDeCo の運営管理手数料を誰でも 1 年間 0 円に! 残高 10 万円以上であれば、1 年後もずーっと 0 円になる!

[記事公開日]2017/02/08

【楽天証券】iDeCo の運営管理手数料を誰でも 1 年間 0 円に! 残高 10 万円以上であれば、1 年後もずーっと 0 円になる!

楽天証券がiDeCo運用手数料の引き下げの発表をしました。

これにより楽天証券での運用口座手数料が実質無料となりiDeCo開設先として更におすすめできる証券口座となりました。

口座開設から1年間は口座維持手数料が無料

SBI証券と楽天証券の運用管理機関の手数料の比較

 

楽天証券

SBI証券

0〜 210円 324円
残高10万円〜 0円 324円
残高50万円〜 0円 0円

 

元々は運用残高10万円以上で口座維持手数料が無料になったのですが。これに加えて口座開設から1年間は手数料無料となりました。

つまり・・・実質無料と言っていいでしょう。

楽天証券のキャンペーン後の運用管理機関の手数料の比較

 

楽天証券

口座開設から1年無料

SBI証券

0〜 o円 324円
残高10万円〜 0円 324円
残高50万円〜 0円 0円

 

口座維持手数料は実質無料、手数料は年間2,004円(月167円)のみ

手数料内訳SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)楽天証券
国民年金基金連合1,236円1,236円
運用管理機関運用残高50万円以上で無料0円運用残高10万円以上or口座維持手数料から1年間手数料無料で無料 0円
事務委託先金融機関768円768円
合計2004円
(月167円)
2004円
(月167円)

現在、SBIも3月31日まで口座維持手数料キャンペーンをしていますが、4月以上は運用残高が50万円以上ないと手数料が掛かってしまいます。

対抗策としてSBI証券も無料キャンペーンをしてくる可能性がありますね。

最もコストの安い運用先金融機関になった楽天証券。

口座維持手数料が実質ゼロとなり手数料競争がひと段落ついたことになります。

今後も個人型確定拠出年金が広まるようにするには・・・

そうです!

口座維持手数料そのものを無料にするべきです。

年間2,007円掛かりますが、一度開設すれば60歳まで運用を続けることになるのですから、そこももう一押ししてほしいですね。

一般の人にとって口座を持ってるだけで手数料が掛かるのは、心理的に大きいです。

ちょっと前までここまで安くなるとは考えていなかったのですから十分に可能性はあると思います。

積立投資は「iDeCo」口座を利用しましょう

個人型確定拠出年金(iDeCo)口座を開くなら次の2社がオススメです(一つ頭を抜け出したのが楽天証券です)

オススメの確定拠出年金口座はこちらの記事を参考にしてください

ネット証券と同様にネット銀行を利用していな方はこの機会に口座を開いてはどうでしょうか?

手数料が安く便利ですよ。

投資の基本を学ぶのにぴったりな本はこちらです。

私が利用している口座や金融サービスはこちらを参考に

関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3