旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

MVNOで契約する時は国際ローミング対応の会社を選びましょう。国際ローミング対応でも一番のオススメはやはり「DMMモバイル」です

[記事公開日]2015/11/24
[最終更新日]2015/12/12

MVNOで契約する時は国際ローミング対応の会社を選びましょう。国際ローミング対応でも一番のオススメはやはり「DMMモバイル」です

海外へよく行く行き格安携帯通信会社を利用している方は注意が必要なことがあります

それは、国際ローミングに対応した通信会社でないと不便なことがあるからです

そもそも、国際ローミングとは何かから説明しましょう

ローミングとは

携帯電話やPHS、またはインターネット接続サービス等において、事業者間の提携により、利用者が契約しているサービス事業者のサービスエリア外であっても、提携先の事業者のエリア内にあれば、元の事業者と同様のサービスを利用できることをいう。

ウキペディアより

簡単に言ってしまえばローミングの国際版、海外でも国内と同様にサービスが利用できる(当然ですが料金は高いです)ことです

なぜ、国際ローミング対応の通信業者でなくてはならないのか?

それはフリーwifiなどで外国人が利用する時に自国の電話番号を入力しなくてはならない時があるから

“TPE-Free”に接続

例えば、Taipei free wifiを利用する時は日本の電話番号を入力するとSMSで暗証番号が送られてきます

私は日本の電話番号を解約してしまったので利用できません

このように日本の電話番号を入力してショートメールで暗証番号を受け取るサービスが海外にあるため国際ローミング対応の通信会社と契約しておいた方が何かと便利です

(多分、外国人向けのサービスのため)

MVNO・格安通信会社には国際ローミング対応とそうでない業者があります

実際利用するのは電話番号とショートメールだけなので、この2つに対応していればいいと思います

オススメの格安通信業者はやはりDMMモバイル

オススメはやはりDMM mobile  

私が利用しているmineoも国際ローミングに対応しているのでどちらでもオッケーだと思います

電話番号・ショートメールを海外で利用するのは「音声SIMプラン」を選べば大丈夫です

音声対応SIMの料金

DMM mobilemineo
1GB1,260円1,500円
3GB1,500円1,600円
5GB1,970円2,280円

国際ローミング利用時のショートメールの料金

DMM mobilemineo
受信無料無料
海外へ送信50円〜500円/通 
(非課税)
50円〜500円/通 
(非課税)
海外で送信100円/通
(非課税)
100円/通
(非課税)

mineoはドコモプランで比較しています

SMSの受信は無料となっています

日本の電話番号とSMS(ショートメール)が利用できないと不便な時が海外でありますので、音声利用SIMを契約するといいかもしれませんね

私は海外に来るまで気づきもしませんでした

日本のネット環境は音声SIM対応の格安通信業者にしようと考えています

今のところ

mineoからDMM mobileに変更する予定です

でもmineoの3GBの音声付きで1,600円だからこれでもいいかな

本当はDMM mobileの5GB音声付き1,970円にしようかと思ったのですが、そんなに値段かわらないし

日本へ戻ったら検討して報告しますね

それでは

関連記事

関連記事&スポンサーリンク

税コストを知る!

税コストを知る!

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3