旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【チェンマイで小商い】開業資金30万バーツ(100万円)でマッサージ店の開業はどうですか?

[記事公開日]2017/09/25

【チェンマイで小商い】開業資金30万バーツ(100万円)でマッサージ店の開業はどうですか?

先日、タイ旅行で訪れたチェンマイでマッサージ店を開業しようと頑張っているマッサージ師の話を聞けたのでチェンマイ小商いの記事にします。

チェンマイでマッサージ店を開業するには?

開業資金として30万バーツほどあればできるとのことです。

日本円にして100万円ほどですね。 1バーツ3.3円として計算。

場所はターペー門近くのLoi kroh Rd沿い。

地図でいうとこの辺りになります。

建物は二階建て、部屋は2階にあり大部屋、20畳ぐらいの広さに8つほどの間仕切りで区切られている。

完全な個室にはなっていない。

マッサージ師スタッフは常時5人ほど。

マッサージ師の収入は?

全身マッサージは一時間250バーツ

店の取り分が150バーツでマッサージ師の取り分が100バーツ。

一時間全身マッサージをして日本円で330円ほどの収入です。

これに客のチップが50バーツほどに男性客から時々多めにもらうそうです。

男性向けマッサージは+1,000バーツ高い!

(ここはノーマルなマッサージ店ですが、個別に特別なマッサージをしているそうで店も黙認とのこと。チェンマイはバンコクやパタヤに比べて、ノーマル店とエロ店の違いが曖昧な気がしました。)

マッサージ師の収入はこのチップによって支えられています。

男性からの多めのチップがないと正直、マッサージ師の給料は安いですね。

パタヤのマッサージ師の給料は月15,000バーツほどと言っていましたから。

労働時間は昼の12時〜0時までの12時間労働、休みは大体週一ぐらいだそうです。

やはりここも長時間労働です。タイ人が無愛想にだらだら仕事をしているのも当たり前です。

月の収入

スタッフ5人で一日に客が20人とすると(この店は一日大体20人ほどの客が来るそうです。)

一人で一日4人の客にサービスをする

100バーツ×4人=400バーツ

プラスチップが一人50バーツ×4人=200バーツ

600バーツ×25日=15,000バーツ(50,000円ほど)

男性向けサービスをどのくらいするかはマッサージ師の話によるとまちまちなので

一日1人として1,000バーツで月25,000バーツ

月の収入は40,000バーツ(13万円ほど)

12時間拘束ですが、実質労働時間は4時間ですから、そう考えると意外に悪くないですね。

店の収支は?

この店の収入は一日20人ほどの客が来て

150バーツ×20人=3,000バーツ

月の売り上げは

3,000バーツ×30日=90,000バーツ

店の家賃や経費が30,000バーツほどで

オーナーの収入が月60,000バーツ、日本円にして20万円ほどです。

このマッサージ師の給料は閑散期で4万バーツ。繁盛期で6万バーツとのこと。

タイの単純労働の時給は50〜70バーツ。月にして10,000バーツほど。

フルタイムで企業に働いても有名な企業でもない限り月20,000バーツほどだそうです。

これだけ稼げればかなり凄いと思うけど、個人的にはタイ人独特の話を少し盛っている気がしましたね。

もうすこし少ないかも・・・・

売れっ子マッサージ師の目標は数年現場で頑張って店を持つことだそうです。

「そのくらいの収入があればすぐ開業できるんじゃないの」

と話すと

「そうだけど、今は年の離れた妹がいてチェンマイ大学に通っているからその学費を払っているから店はその後に」

とのこと。

ただ、このマッサージ師の腕はかなり良くて実際に受けてみるとこれは人気があるのも本当かもと思いました。
(もちろん、普通のマッサージですよ)

固定客も多いようでLineで指名なども頻繁に受けているようでした。

彼女の話によるとマッサージの先生も少ししていて新しいスタッフなどにも教えているとのことです。

なるほどね・・・・・

30万バーツぐらいならタイやカンボジアで不動産投資して失敗するよりダメージが小さいと思うので、小資本投資として魅力がありますね。

ただ、現地のタイ人に任せるしか方法がないと思うので、芋づる的に追加資金が必要と言われる可能性もありますがw

その辺は自己責任です。

タイ好き外国人にとって、チェンマイでマッサージ店開業かパタヤでバービア開業は一つの夢ですね(笑)

小商い実践続々

小商いネタを書いているだけでなく、最近はやっと実践をするようにしています。

一つは新しいアフィリエイトの作成。

もう一つは台中のミニ店舗の賃貸が安いので(月1万元もしない)店でも借りて商売を始めようかと画策しています。

後、中国語の勉強ができるAirbnbですね。

複数収入への道

  • ブログ(現在のメイン収入)
  • アフィリエイト(新しい収入源)
  • カジノ (サブ収入)
  • リゾバなどの日雇い (新しい収入源)
  • 個人貿易商 (新しい収入源
  • 中国語の勉強ができるAirbnb    ← new
  • チェンマイでマッサージ店  ← new
  • 台中でお店         ← new

こんな感じで一つ数万円の収入を複数持つようにいきます。(マッサージ店はやらないけどw)

参考記事

個人が小さく稼ぐ上でのオススメ本

仕事を辞めても不安に思わないように少しずつでも自分で稼ぐ力をつけていきましょう。

 

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3