cubの日記 年収100万円の楽しい海外生活術・台湾編

年収100万円で楽しく海外生活をするノウハウと実践記事を紹介しています。副題は「トランク一つで海外暮らし」One Bag Living。本当に欲しい物を選別して好きな国、好きな場所で生活していくブログです。現在、台湾・台中で活動中 9月より中国語学校編が始まります。

台中駅or朝馬バスターミナル〜桃園国際空港のバスの利用方法と注意点。

[記事公開日]2016/09/15
[最終更新日]2016/12/07

台中駅or朝馬バスターミナル〜桃園国際空港のバスの利用方法と注意点。

台中からバスに乗って桃園空港へ行った時の行き方と

タイガーエアが早朝5時20分に出発だったので桃園空港の深夜での過ごし方の注意点を記事にします。

追加記事 7月14日 バス路線について追加記事を書きました。

追加記事 9月15日 浅間バスターミナルから桃園空港線について

 

朝馬バスターミナル〜桃園空港について

台中市内には台中駅前と朝馬(ちょうま)と呼ばれている大きなバスターミナルがあります。

朝馬バスターミナルの場所

市内を真っ直ぐ走っている台湾大道路、秋紅谷公園のすぐ隣にあります。

台湾大道路にはBRTバスが走っています。300番台のバスならどれに乗っても台中駅に行きます。

悠遊カードを持っていれば10㎞以内はバス料金が無料になり便利です。(台中駅までも無料です。)

参考記事

朝馬〜台中間は7〜8㎞ほどしか離れていないのですが、日中は市内なので結構時間がかかります。30分ぐらい

ですから、ホテルなどが少し郊外にある場合はこちらのバスターミナルを利用するのがいいと思います。

國光客運サイトより

時間は一時間に1本、桃園空港まで渋滞がなければ2時間弱で行けます。

台中駅からは2時間半ほどかかります。

料金は240元(800円)ほど時間帯や曜日によって多少変動しまます。

高速バスはクレジットが利用可能です。

img_1887

台中駅から桃園国際空港行きのバスの乗り方

台中駅を背にして右側にすぐにバスターミナルがあります。

ファミリーマートが目印(中国語で全家と書きます。)

國光客運というバス会社です。

台中〜桃園国際空港までの料金は240元840円(1台湾ドル=3.5円で計算)

 

IMG_4854

台中駅を背にして右側にありすぐわかると思います。チャンスホテル横にもUbusのターミナルがあるのですが、あちらはごちゃごちゃして少しわかりにくいと思う。値段は大体同じです。

桃園国際空港までの時間はおよそ2時間です。

ここから台湾の主要な街までバスが出ているのでとて便利です。

IMG_4856

國光バスについて

バス内は日本のバス以上にゆったりしています。

私が乗ったバスは平日の昼だからかもしれませんか、桃園国際空港まで5人の客しかいませんでした。

正確に言うと、台中駅から3人・・台中市内の別のバス停で2人乗っただけです。

バス内はガラガラで快適なのですが、こんな客が少なくていいのか心配になるほどです。

IMG_4860

USBの電源はありませんでした。充電は無理です。

トイレはしっかりとついています。

IMG_4859

桃園国際空港はターミナル1で降りる

桃園国際空港はターミナル1と2がありますが、LCCは1で降りればいいと思います。

ターミナル1はほぼLCCばかりのホールですね。

IMG_4867

桃園国際空港の深夜での過ごし方

今回出発時間が明日の5時20分で夕方から深夜まで空港内で過ごすことにしました。

空港宿泊での注意点は

まず、やはり暖房がないので夜は冷え込む。

私は三月初旬だったのですが、夜はまだ寒いですね。冬にこの空港を利用していないのですが、やはり暖房はないのでしょうか?・・・もしそうなら服装には注意した方がいいですね。

地下一階のフードコーナーで休まれている方が多かった。

夜の九時ごろから飲食店が閉まり始めて、10時ごろにはほぼすべての店が閉まっていました。

IMG_4868

IMG_4872

こんな感じで飲食店コーナーのイスに横になっている方が多かったですね。

電源も柱の一部にあり利用できる。

一階でもソファに横になって休まれている方が多かったです。

IMG_4873

空港内は肌寒いので風邪を引かれないように注意してください。

「追加記事」

夏は夏でエアコンがガンガン効いているので夏場の服装にも少し注意してください。

台湾に限らず、その他のアジアでもエアコンは日本以上に温度を下げているので薄手のカーデガンなどあると良いと思います。

SIMの販売は深夜0時までやっている。

SIMの販売は結構遅くまでやっていましたが、0時を過ぎると閉店していまいした。

販売時間は朝8時から深夜0時までのようです。

深夜到着便はSIMを購入できないので朝8時まで待つしかありませんね。

IMG_4878

中華電信以下三社が購入可能となっています。

IMG_4876

台湾モバイル

IMG_4863

この電話会社は利用をしたことがないのですが、何て読むのでしょうか?

IMG_4864

「参考記事」

通信プランに関してはこちらの記事で詳しく書いています。

桃園空港は深夜便がありますが、店は10時を過ぎるとほぼすべて閉まってしまいます。

夜、食事をしたい方は注意をしてください。

 

コンビニは ハイ・ライフ(Hi-Life、萊爾富)という地元資本のコンビニのみです。

携帯の契約カウンターの横にある両替場所は24時間営業でした。ターミナル1ではここが唯一24時間営業です。

現金を持っていないのならATMでクレジットキャッシングが一番手軽でレートも良いと思います。

参考記事

IMG_8298

深夜便・早朝便があるため、結構沢山の人が空港内にいました。24時間オープンしている店が少しあればいいのにと思ったのですが、そこが少し不便でしたね。

IMG_4879

台中からバス一本で桃園国際空港まで行けるので便利ですね。

台中は他に1時間で台中空港にも行けるので良い街だと思います。

「追加記事」名古屋→桃園→台中への行き方について

2016年4月13日に台湾に戻りましたので名古屋→台中への行き方の記事を追加します。

深夜便で深夜一時ごろ到着、2時間半ほどのフライトです。

しかし、入国審査が大混雑で2時間近くかかってしまいました。

正直、これはキツイです。

2016年7月に同様の時間帯のジェットスターを利用しましたが前回ほど混んでいませんでした。

30分ほどで入国審査は終わり。

もう一つの問題はツーリストSIMの契約をどうするか?

SIMの販売は朝8時から0時までで深夜便到着時はSIM契約をすることができません。

香港では24時間SIM販売をしていますが、こちらではやっていないので、この入国審査の混雑とSIM販売については台湾の空港は改善の余地ありですね。

深夜便利用でSIM問題みなさんどうしています?

ツーリストSIMは国際空港のみで街中で購入できません。

問題解決の一つは短期旅行の時は街にある台湾モバイル(台湾大哥大)のショップへ行き

  • 300元(1,050円)2.1GBのSIMを契約する
  • 少し長期旅行の方は3G使い放題の800元(2,800円)を契約する。
  • または朝8時まで空港泊をして店のオープンまで待つしかないと思います。

参考記事

ただ、桃園は深夜に泊まっている人が結構多いのですが空港が狭いのでベンチ等少し少ないんですよね

IMG_5260

入国出口を出て右側にSIM販売があり、左側はまっすぐ行き突き当たり右側の下りエスカレーターを降りるとバスターミナルがあります。

エスカレーターを降りたところにある24時間営業のコンビニは悠々カード購入可能です。

IMG_8300

カードを持っていない人はここで購入しましょう。

悠々カードは便利です是非利用しましょう。

「参考記事」

台北市内だと意外に売っていない、コンビニにも売っていたり売っていなかったりして面倒。

台中市内だと大体どこのコンビニでも売ってます。

深夜は國光客運のカウンターのみ開いていました。料金240元(840円)

台北駅行きのみ24時間運行しています。

すべて1台湾ドル3.5円で計算しています。

台中駅行きは一番早いバスで朝6時からになります。

國光客運サイトより

IMG_8629

2時間ほどで台中駅に到着します。

台中駅へ行く時の注意点

台中駅へ行くバスは 

この3社があるのですがは台中駅の前に朝馬バスターミナル、その他のバス停でも止まるので注意してくださいね。

料金は日によって多少差があるのですが大体240元前後です。

朝馬で人がゾロゾロと降りると思いますが間違えて降りないよういしてください。

参考記事

深夜の桃園空港ははっきり言いますが、ダメです。これでは!改善余地沢山ありと思う。

特に桃園への深夜到着便は旅慣れてない方はLCCが安いからといって利用すると後悔するのではと思う。

空港到着から疲れてします。24時間LCCを積極的に受け入れる店は評価しますが、他の交通機関や店などとの連携がなっていなのでとても不便です。

ウィラートラベル×國光客運

日本の格安高速バスウィラートラベルが台湾の國光客運と提携して、サイト上でチケット購入が可能となりました。

台湾の長距離バスは基本が3列シートで日本の4列シートよりゆったりしていてオススメです。

値段も主要都市間が片道1,000円前後で大体行けます。

%e3%82%82%e3%81%a3%e3%81%a8%e3%81%8f%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%a8%e5%8f%b0%e6%b9%be_%ef%bd%9c%e9%ab%98%e9%80%9f%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b9_%e5%a4%9c%e8%a1%8c%e3%83%8f%e3%82%99%e3%82%b9%e4%ba%88%e7%b4%84

料金

桃園空港〜台中 往復1,800円

桃園空港〜台北 往復500円

3日間乗り放題 3,300円

5日間乗り放題 5,000円となっています。

國光バスは3列シート、席にUSB充電器があるなどオススメです。

値段も現地で購入するのとほぼ同額なので購入に心配な方は前もって買っておくのもいいと思います。

SIMフリースマホのない方はレンタルwifiを借りることもオススメです。

こたらも中華電信という携帯会社でネット接続に関しては申し分ありません。

参考記事

オススメの台中ゲストハウス

「参考記事」

ジェットスターを利用する時はDeNAトラベルを確認してみましょう。

本サイトより安くチケットを購入できることがあります。

ネット接続に迷ったら以下の記事を参考に

関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3