旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

楽天証券とSBI証券で発売開始。大和から超低コストインデックスファンド「iFree」シリーズ発売。驚きの低コストファンドの登場。

[記事公開日]2016/09/08

楽天証券とSBI証券で発売開始。大和から超低コストインデックスファンド「iFree」シリーズ発売。驚きの低コストファンドの登場。

大和証券投資信託から驚きの低コストインデックスファンドが発売される情報が出ています。

ブログ バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩くさんより

いつも最新の情報を早く伝えて頂き感謝です。

たわらで低コストファンド競争は終わりと思っていたのですが、新興国株・債券でかなりの低コストファンドを出してきました。

追加記事 9月8日 ifreeシリーズ発売開始。

9月8日より楽天証券とSBI証券で発売開始

今日から購入可能になりました。

現在、インデックス投信の中では最安値のシリーズ・・・と言いたいところですが、REITインデックスに更に安い商品が出てきました。

kenzさんのサイトより

楽天の個人型確定拠出年金内で購入出来ますが、一般でも発売されそうです。

  ifreeインデックスシリーズ

 三井住友DCシリーズ

国内REIT 0.28%  0.26%
外国REIT 0.31%  0.28%

 

たわらva iFreeシリーズの一騎打ちかと思いきや、三井住友DCシリーズ低コストのREITインデックス投信を発売してきました。

ニッセイシリーズも低コストで運用の実勢がありますし、四つ巴の戦いとして目が離せませんね。

上記の低コストファンドを楽天証券とSBI証券ですべて購入可能です。

ハピタスポイントサイトでSBI証券の口座を開設すると4,000ポイント貰えます。

参考記事

iFreeシリーズ

今までの最安値だったたわらノーロードファンドシリーズと比較します。

 iFreeシリーズたわらノーロード
TOPIX0.190%×
日経2250.190%0.195%
JPX日経4000.205%×
外国株式0.210%0.225%
NYダウ0.225%×
新興国株式0.340%0.495%
J-REIT0.290%0.30%
外国REIT0.310%0.35%

信託報酬は%、税抜きで表示しています。

注目は新興国株と債券

新興国債券は表に加えていないのですが、リンク先のブログで確認してください。

信託報酬が圧倒的に安い0.34%となっていること。一気に0.15%も安くなりました。

もう一つのポイントが

ベンチマークが「FTSE RAFIエマージングインデックス」と通常使われている「MSCIエマージングインデックス」とは違うことです。

このFTSE RAFIエマージングインデックスは最近、話題のスマートベーター指数と呼ばれている新しいベンチマークになります。

注意点

スマートベーターだからといって高いパフォーマンスが出せるかは未知数です。

指数との乖離や売買回転が通常のインデックス投信より高くなり実質コストが高くなる可能性もあります。

実際のリターンも前評判より低いようです。

参考ブログ  ほったらかし投資のまにまにさんより

 

結論

より低コストのインデックスファンドが出ることは素晴らしいことです。

ただ、新興国株は実質コストがでるまで様子見で私はいいと思います。

投資資金もないですが・・・

アウター・ガイさんによるとSBI証券と楽天証券で9月8日より発売予定とのことです。

最近、投資関係の記事、ホント書いてない・・もっと書こう!

追加記事 2016年8月26日(金)

iFreeシリーズ、SBI証券と楽天証券で9月8日より購入可能に!

大和証券から正式に発売日の発表がありました。

大和証券プレスリリースより(PDF)

press_20160825_60072_pdf

前回書いた記事では新興国株インデックス投信に期待したのですが、改めてみるとオーソドックスな日本株・TOPIXや先進国株が安いです。

オススメの投信

  • iFreeTOPIXインデックス 0.19%
  • iFree外国株式インデックス0.21%
  • iFreeJ-REITインデックス0.29%
  • iFree外国REITインデックス031%

REITインデックスも国内外共に最低コスト更新となっていてオススメになります。

実際の運営を見て実質コストを判断しないとなんとも言えないのですが、このような低コストファンドを一般に発売することは個人投資家から見ても大歓迎ですね。

9月8日よりSBI証券と楽天証券から発売されます。

資産運用を検討されて口座開設をされていない方はこの機会にいかがでしょうか。

個人型確定拠出年金口座もこの2社がオススメですから、個人投資家にとってネット証券はなくてはならなと思います。

関連記事&スポンサーリンク

税コストを知る!

税コストを知る!

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3