旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

次世代型海外セミリタイヤ術を紹介したブログです。

【iDeCO口座維持手数料無料】ネットの二大証券「SBI証券」「楽天証券」が個人型確定拠出年金の口座維持手数料の完全無料化を発表!

[記事公開日]2017/05/18
[最終更新日]2017/06/18

【iDeCO口座維持手数料無料】ネットの二大証券「SBI証券」「楽天証券」が個人型確定拠出年金の口座維持手数料の完全無料化を発表!

投資信託の手数料競争が進んでいるだけでなく、個人型確定拠出年金、iDeCoの口座維持手数料の値下げ競争も続いています。

そんな中、遂に、運営管理手数料が運用資産高やキャンペーンなどに寄らず、常時完全無料をネット証券が発表しました。

もちろん、手数料の値下げを引っ張る大手二社の

これでiDeCoの手数料は一区切り着いたことになります。

それではどうぞ

運用手数料無料を打ち出した「楽天証券」と「SBI証券」

楽天証券は今日、2017年5月18日(木)より運用手数料無料サービスを行います。

SBI証券は明日、20017年5月19日(金)より手数料が無料になります。

SBI証券は加入時・移換時手数料・運営管理機関変更時手数料共に税込で1,080円かかりましたが、これも無料になります。

移管先であるSBI証券は無料になりますが、移管元の証券会社は手数料がかかる場合がありますので必ず確認してください。

ちなみに私が運用している琉球銀行は無料です。

追加記事

楽天証券から他社へ移管するときは楽天証券に4,320円を支払わなくてはなりませんので注意してください。

楽天証券サイトより

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)の新しい手数料

二社の実質の口座手数は

口座維持手数料の比較

手数料内訳琉球銀行楽天証券
SBI証券
国民年金基金連合
(初回のみ)
2,777円2,777円2,777円
国民年金基金連合1,236円1,236円1,236円
運用管理機関4,653円0円
0円
事務委託先金融機関768円768円768円
合計6,657円
(月554円)
2,004円
(月167円)
2,004円
(月167円)

金融機関の手数料は無料になりますが、国民年金基金連合・事務委託先金融機関への手数料は残念ながら無料になりません。

年間2,004円、毎月167円の手数料がかかります。

これは毎月の積立額から引かれていきます。

例 月20,000円の場合

20,000円から167円引かれて、19,833円を毎月積み立てることになります。

口座維持手数料が完全無料にはなりませんが、将来は更に競争が激化して積立期間や運用資金または証券会社の口座を利用(積立NISAを利用)などの条件によって完全無料が実現するかもしれませんね。

確定拠出年金を利用する金融機関の証券口座を利用する場合が多いと思うので。

これで口座手数料の競争は一段落着いたことになります。

確定拠出年金の商品は合計35本までの規制の話も出ています。

個人的には35本もあれば十分だと思ういますが。大根ネット証券のように素早く対応しないと差別化が難しい業界だと思うのですが、どうなのかな、利用する人は若い人が多いと思うのでネット証券などをドンドン利用していくでしょうし。

私は現在、琉球銀行で運用していますが、SBI証券に移管させる予定です。

いでこちゃんも大喜び〜〜なサービスです。

グットジョブ!

NISAを活用するなら紹介した商品がすべて購入可能な大手ネット証券がオススメです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)口座を開くならやはり、この2社がオススメです

私は今後はSBI証券で個人型確定拠出年金&積立NISAを行う予定です。

オススメの確定拠出年金口座はこちらの記事を参考にしてください

ネット証券は不安だとお考えの方には大手証券の大和証券がおすすめです。

ネット証券と同様にネット銀行を利用していな方はこの機会に口座を開いてはどうでしょうか?

手数料が安く便利ですよ。

投資の基本を学ぶのにぴったりな本はこちらです。

私が利用している口座や金融サービスはこちらを参考に

 

 

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3