旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【iDeCo】老舗大手の大和証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)に本気で参入してきた。これから運用を始める方におすすめできる運用機関です。

[記事公開日]2017/05/13
[最終更新日]2017/10/05

【iDeCo】老舗大手の大和証券が個人型確定拠出年金(iDeCo)に本気で参入してきた。これから運用を始める方におすすめできる運用機関です。

少しずつですが浸透してきている、資産形成で有利な制度、確定拠出年金年金・iDeCo。

私は常に有利な運用先としてネット証券の紹介を続けてきました。

参考記事

そんな中、ネット証券はすべてネットで完結してしまうため、便利な反面、意外に面倒な確定拠出年金の申し込み方法や添付など直接対面で聞きたいことなどあると思います。

しかし、今までは大手の金融機関などは個人型確定拠出年金の運用機関としては及び腰でおすすめできる金融機関がなかなかありませんでした。

そんな中、大手証券会社、大和が本気になって個人型確定拠出年金(iDeCo)に参入してきました。

手数料面・運用可能な金融商品共に満足できるものとなっています。

今回はおすすめできる三つ目の金融機関として大和証券を紹介したいと思います。

大和証券が紹介できる理由とは

大手証券として誰もが知っている大和証券。

確定拠出年金は人によっては数十年運用していく資産運用です。

できれば大手の安定している金融機関で運用していきたいと考えている人も多いと思います。

大和証券は確定拠出年金の運用先として必要な2つの指数。

  • 口座維持手数料が完全無
  • 低コストなインデックス投信がある

この2つをクリアーして本気で個人型確定拠出年金制度に参入を始めています。

確定拠出年金の運用手数料が安い

確定拠出年金には一般には馴染みがあまりない口座を持っているだけで手数料が毎月かかります。

この手数料は運用機関によってマチマチですが、最安値は月167円(年間2004円)となっています。

現状、国民年金基金連合への手数料年間1,236円と事務委託先金融機関の手数料年間768円はゼロにすることができないためこの手数料はどうしてもかかってしまいます。

ですから、運用機関手数料(金融機関)がゼロが最も手数料が安い金融機関となります。

私のおすすめしているネット証券でも口座維持手数料にはいくつかの制限をクリアーして無料になるのですが、大和証券も完全無料・

新規に確定を始める方にとっては一番のおすすめ金融機関になっています。

大和証券とおすすめのネット証券の口座手数料の比較

申し込み時に必要な手数料

国民年金基金連合(初回のみ)2,777円

毎月かかる手数料

手数料内訳大和証券SBI証券楽天証券
国民年金基金連合1,236円1,236円1,236円
運用管理機関0円0円0円
事務委託先金融機関768円768円768円
合計2004円
(月167円)
2004円
(月167円)
2004円
(月167円)

ローコストインデックス投資信託がある

シンプルで本数は少ないですが反対に迷うこともないのでこれから始める人にも最適です。

おすすめの4本

手数料(信託報酬) 名称
0.2700% DCダイワ日本株式インデックス
0.2700% DCダイワ日本債券インデックス
0.2700% DCダイワ外国株式インデックス
0.2700% DCダイワ外国債券インデックス

 

手数料は一律0.27%となっています。

個人的なiDeCoでも運用の考え方は確定口座内ではリスク資産100%で運用をするべきとの考えです。

参考記事

大和証券での運用をする場合は大和証券の口座内ではDCダイワ外国株インデックスを

大和以外の口座で(積立NISAなどで)それ以外のアセット(日本株や新興国株)を運用するといいと思います。

常にiDeCo+NISA+それ以外の金融資産の合計のポートフォリオを意識していきましょう。

そして何より

大和証券のサイトは確定拠出年金入門者にわかりやすい!

大和証券の確定拠出年金のサイトを見ていただくと分かると思いますが、

初めての方にもわかりやすく制度を説明しています。

これは私も勉強になります。

まとめ

  • 口座維持手数料は業界最安値
  • ローコストインデックス投信がしっかりとある
  • 大手証券の安心感と初心者にもわかりやすいサイト作り

特にこれから個人型確定拠出年金を始めようとする方にとっては制度説明も詳しく書かれて、口座維持手数料がキャンペーン中により最初から無料とおすすめできる金融機関となっています。

これから始める方にとって最適な金融機関の一つとなりました。

是非、検討して確定拠出年金を初めてください

インデックス投資を始めるのにおすすめの本。

おすすめの金融サービス

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3