旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

【iDeCo】住民票を抜くと確定拠出年金は「加入者資格喪失届」の提出が必要。提出と再開の方法を説明します。

[記事公開日]2017/03/10
[最終更新日]2017/04/21

【iDeCo】住民票を抜くと確定拠出年金は「加入者資格喪失届」の提出が必要。提出と再開の方法を説明します。

語学留学の半年間、住民票を抜いていたのですが、最大の失敗が確定拠出年金に関すること。

私は国民年金を任意で払い続けていれば問題なく継続できるものと考えていました。

しかし住民票を抜くと運用継続は無理で「加入者資格喪失」を出して運用指図者にならなければなりません。

私はその手続きをしないままに帰国して住民票を入れてしまいました。

その場合はどうなるのか?

ひじょーーーに面倒な手続きになりますので、もしかしたらこれから手続きをする人もいるかもしれないので記事にします。

加入者資格喪失届とは

確定拠出年金は次の条件に合う人は積立を行うことが出来ず、加入者資格喪失届を出さなくてはなりません。

代表的なものとして

  • 日本国内に住所を要しなくなった
  • 国民年金の保険料の納付を免除されることになった

去年までは第3号被保険者や企業型確定拠出年金に加入になった人も加入者資格喪失届を出す必要がありましたが、今年からはこれらの人は個人型に加入できるようになったため必要なくなりました。

恥ずかしながら住民票を抜くと積立が出来なくなることを知らず、加入者資格喪失届を出さずに出国をしてしまいました。

私は最初は積立額の変更をしたため、その手続きの時間がかかっているものだと勝手に思ってました。

(確定拠出年金は変更手続きなどをしても数ヶ月かかることがあるため)

住民票を抜いて加入者資格喪失届を出す時にはその理由を明らかにする書類を添付する必要があります。

琉球銀行の書類にはこう書かれています

  • 住民票除票の写し(コピーではなく「写し」の原本)
  • 出国予定先が記載されている住民票の写し(コピーではなく「写し」の原本)
  • 在留証明書(出国先のもの)

以上です。

私の場合さらに面倒で手続きをしないで帰国して住民票を入れてしまいました。

この場合どうするのか聞いたら

まずは「加入者資格喪失届」を提出して受理されてから個人型確定拠出年金の申し込み書を提出してくださいとのことです。

ここで注意することは

加入者資格手続きが済んでから申し込みの書類の提出をしてくださいとのこと

書類の処理は一ヶ月に一つしか出来ないとのこと。

毎月15日が締めになるので仮に3月15日に手続きが完了したら4月以降に書類を提出してくれとのこと。

私はSBI証券に移行しようと考えていたので、その方法を聞いたら

この場合も「加入者資格喪失届」を提出して受理されてからSBI証券への書類を提出してくれればいいとのこと。

加入者資格喪失のまま別の金融機関へ移行できるようです。

私の場合、帰国して住民票を入れてしまったのですが、その時は出国先の入った住民票を提出すればいいと言われて、住民票を添付して書類は提出しました。

ここで問題が発生

住民票では住所の移行履歴がわからないので受理が出来ない、「戸籍の附票」を提出してほしいとの電話がありました。

戸籍の附票とは

 )は、住所の「移転履歴」を記録した書類です。
本籍地の役所でのみ交付してもらえ、本籍地ではない役所からは交付してもらうことはできません。

私は戸籍と現住所が違うので面倒です。

郵送してもらうか、直接取りにいくしか方法がありません。

現住所の役所では取れないようです。

面倒です。

今だに書類の受理がされないため次の申し込みができません。

注意点としては、住民票を抜いた時、移住履歴が住民票では確認できないと言われたので、通常の手続きでも受け付けてくれない可能性があります。

住民票を抜いて加入者資格喪失届を出す時は住民票でいいのか、戸籍の附票でないとだめなのかしっかり確認すべきだと思います。

追加記事

4月に 戸籍の附票(こせきのふひょう)を添付して書類を提出しましたが、書類が受理されました。

書類の処理は一ヶ月に一つしか受け付けないとのことなので、5月に再開の書類を提出します。

再開後、一・二回積立資金の引き落としを確認したらSBI証券に移行させようと考えています。

加入者資格喪失届を出さず放置しているとどうなるか

実は企業型確定拠出年金から個人型確定拠出年金に移行して加入者資格喪失届を出さず半年間放置していると強制的に「自動移換」されます。

自動移管とは株式などに投資していた資金が強制的に売却されてしまう。

手数料だけは取られ、老人年金の加入期間にもカウントされないなど不利益が被ってしまいます。

しかし、私の場合、手続きをしていないで8ヶ月以上経っていますが、投資信託が売却されることもなくそのままです。

企業年金からの移行した人以外は売却されないのかな。

その辺が不明ですね、今度確認してみます。

このように、住民票を抜くと確定拠出年金の手続きが面倒です。

これを知っていれば住民票を抜きませんでした。

おまけに海外からだとフリーダイヤルだと電話できないし・・と

ただしメールで問い合わせをしたところコレクトコールで掛けてくれても構わないと次の番号を言われました。

コレクトコールTEL 042-315-5024

国内からは TEL:0120-934-901

日本時間の平日は午前9時から午後9時

土曜・日曜は午前9時から午後5時まで、祝日、年末年始は終日休業

電話は土日も掛けられるので便利ではありますね。

SBIへの移行をもう少し時間がかかりそうです。

積立投資は「iDeCo」口座を利用しましょう

個人型確定拠出年金(iDeCo)口座を開くなら次の2社がオススメです

オススメの確定拠出年金口座はこちらの記事を参考にしてください

ネット証券と同様にネット銀行を利用していな方はこの機会に口座を開いてはどうでしょうか?

手数料が安く便利ですよ。

投資の基本を学ぶのにぴったりな本はこちらです。

私が利用している口座や金融サービスはこちらを参考に

関連記事&スポンサーリンク

税コストを知る!

税コストを知る!

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3