旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

香港・重慶大廈(チョンギンマンション)のニュー チャイナ ゲスト ハウス(New China Guest House)のシングルルームが安くて快適。

[記事公開日]2016/04/18
[最終更新日]2016/06/03

香港・重慶大廈(チョンギンマンション)のニュー チャイナ ゲスト ハウス(New China Guest House)のシングルルームが安くて快適。

旅ネタは旅から帰ってゆっくり書こうと思っても時間が経つと忘れてしまい、結局書かず仕舞いのことが多いので、旅ネタは出来る限り旅の間に書いていこうと今後は考えています。

(台湾のゲストハウスも結局半分も書いていない・・・)

まぁ、言うだけ大将ですからどうなるか分かりませんが、

今回、久しぶりに重慶大廈。

自分の中ではしばらくドミトリーブームがあったのですが、香港重慶大廈のシングルルームが安かったので宿泊。ここが予想以上に良かったので記事にします。

ニュー チャイナ ゲスト ハウス

重慶大廈は香港・MRT尖沙咀(チムサーチョイ)駅を出て目の前にある有名な怪しげなビルでしたが、今はイメージほど危なくありません。まぁ、入り口のウザいインド人やアラブ人・黒人の多さに何となく入りづらいですが、今ではホテル代の高い香港の節約旅として女性やカップルも普通に利用しています。

しかし、相変わらずビル内から宿までが分かりづらく最初は必ず迷ってしまうと思います。

そこが難点かな。

ニュー チャイナ ゲスト ハウスへの行き方

私はポイント還元が美味しいのでじゃらんで予約をしているのですが

予約に提示されている住所が分かりにくいので説明します。

〒 D7 D4 D2, 9/F, 36-44 Nathan Road, Chung King Mansion, Kowloon, Hong Kong

ニュー チャイナ ゲスト ハウスの住所はこのように表されているのですが、

重慶大廈に入るとエレベーターが A・B・C・D・Eと分かれています

D7 D4と書かれているのは宿がいくつかに分かれているという意味です。

Dと書かれていたらDエレベーターに宿があるということです。

そして香港のエレベーターは英国式のため1階がG(グランドフロアー)1階、2階となっているので9階は実際は10階となっています。まぁエレベーターに入ってしまえば迷うことはないのですが・・・

IMG_5417

エレベーターは二つあるのですが左側が偶数階・右側は奇数階しか止まりません。グランドフロアーの左右の壁に宿名がありますので確認してみましょう。

今回は9階にるので右側のエレベーターを利用します。

IMG_5416

このように宿名が書かれています。エレベーターの番号が分からない時は宿名の横に書かれているアルファベットで確認しましょう。ただし宿によっては違う名前で宿を運営していたり、フロントが別のフロアーになっていたりと分かりにくくなっているところもあります。

IMG_5414

入り口に宿の名前がしっかりと表示されています。宿によっては表示されていなかったりして分かりにくいところがあります。D7に受付がありました。

その点、この宿はいいですね。

受付は黒人だった。

重慶大廈では黒人が運営していたりスタッフとして関わっているところがあり、初めて遭遇すると一瞬たじろぐ人がいるかもしれませんが、はっきり言います。

黒人の運営すている重慶大廈の宿は良心的な店が多い。

これは私がたまたまなのかもしれませんが、黒人スタッフのいる宿は清潔に保たれていて部屋は綺麗なところが多いです。

それに部屋が空いているとシングルで予約してもダブルやツインにしてくれることがある。

今回は朝の10時にチェックインをしてくれました。

基本、陽気でナイスガイです。

重慶大廈で一番不満が多いのは実は中国人(香港人)の運営している宿、横暴で予約サイトで予約してもまともに取り合ってくれないところがあったり、少しでも高い宿を進めてくる。無論、全部ではないが・・・

まぁ、私のかなり偏った主観が入っていますのであくまで参考程度にしてください。

ここもオーナーは中華系だと思うので単なる私の偏見かもしれません。

IMG_5412

受付は黒人の方だったのですが、予約の確認は電話をして電話越しで別の人と話しをしたので、受付は別の階にあるのかもしれません。

電話対応ではどこのサイトかと聞かれるのでじゃらんの場合はエクスペディアと答えましょう。

じゃらんが提携しているサイトのためでじゃらんと答えても通じないと思う。

3日目は現金で払ったのですが、黒人さんがここで受け取ったので予約だけ別のフロアー対応のようです。

値段は一泊2,115円 サービス料が211円ついて2,326円でした。

観光シーズンの外れなのか、安いですね。ちょっと前までこのレベルの宿でも3,500円以上した。

ちなみに2013年頃の超円高の時はこのくらいの宿で一泊15香港ドル(1香港10円)で1500円

今回じゃらんはキャンペーンをしていて1,000円以上の宿に泊まると500円引き、私はじゃらんポイントが1,000あったので1,500円引きされました。

居心地がいいので一泊延長しました。現金で16香港ドル・・・インフレ激しい香港でかなり良心的ですね。

部屋の様子

IMG_5457

部屋の広さは3畳ほどですが、必要な物はすべて揃っています。

IMG_5403

IMG_5404

エアコンだけでなく、天井に扇風機もある。

IMG_5406

 

IMG_5407

全く期待していなかったのですが、タオルや歯ブラシもありました。

IMG_5408

重慶大廈は窓のない独房タイプが多いのですが、今回は窓が付いていました。これは部屋の場所によるのかな。

IMG_5458

トイレと一体型のシャワールームですが、清潔に保たれていると思います。

インターネットも快適

宿の無料wifiも途切れることなく快適に利用できます。

ただ拾うwifiが多すぎてどれか分かりませんでした(笑)

wifi newchinaD71

パスワード newyanyan

香港の安宿は当たり外れが大きいのですが、今回はこの値段でこれならかなりお勧めです

一泊160香港ドル(香港ドル14円)2,240円

今の香港でこの値段は安いと思う

私は重慶大廈で泊まるならここでもういいかなと考えています。

 

関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3