旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

オススメのゲストハウス こんなguesthouseに泊まりたい

[記事公開日]2016/01/11
[最終更新日]2016/06/03

オススメのゲストハウス こんなguesthouseに泊まりたい

台湾でこの一ヶ月で10カ所ほどのゲストハウスに泊まりました

台湾のゲストハウスは総じてレベルが高く満足することが多かったです

香港のあのレベルに比べれば・・・・

そんな中、こんな施設・サービスがあれば満足と思うことを書いていきたいと思います

自分でもairbnbをやってみたいのでゲストハウスに泊まったことは参考になったことが沢山ありまいした

施設サービスでチェックすること

  • 設備・アメニティー
  • ベット周り
  • 水回り
  • その他

アメニティー水回りなど

まずはアメニティーや水回りに関することです

石鹸やシャンプーやタオルなどは旅行時に持っていくと予想以上に荷物になるものです

このような物が施設に完備していることが良いゲストハウスの第一条件です

シャンプー・ボディーソープ・ドライヤー

この辺はあったところが多かったですね

ない施設もありましたが・・・

是非・サービスとしてあってほしいアメニティー

バスタオルを一人一枚ほしい

それと、身体を洗う網の目の粗いタオル・・・百均で売っているようなもの

使い捨てで一枚あるとすごく嬉しいなぁ・・・これはホテルでも見たことないですね

バスタオルは旅にかさばるし乾きにくいものです

是非ほしいですね

意外にない施設が多かったです

  • アメニティー関連でほしい備品
  • シャンプー・ボディーソープ
  • ドライヤー
  • バスタオル
  • 水のペットボトル

逆になくてもいい備品が歯ブラシや髭剃り(男性限定)

自分の物を持っていることが多いし髭剃りはほとんど使わない
(使い捨てヒゲ剃りは二枚刃とかで使いにくい)

水回りで注意すること

トイレとシャワー室は別れているほうがいい

一緒のところもいくつかありましたが、別れている方がいいですね

それと出来れば複数のトイレとシャワー室があればなおいいです

明らかに客数とシャワーの数が少ないゲストハウスがありました

今はシーズンオフで客が少ないので問題がないのですが、客の多い時は混みますね

あと、男女混合のシャワー室や鍵の掛からない(鍵がない)ところもありましたが
人によっては嫌な方もいると思います

ベット周りに関すること

ベットは二段ベットと普通のベットがありましたが注意することは

ある程度プライバシーが保たれる方がいいことです

方法はいくつかあるのですが

一つはベットにカーテンがあること、これだけでかなり違いますね

カーテンは付いていて当然にしてほしい

もう一つはベットの並び方がずれていて動線が交わらない

ベットが同じ方向に並んでいてお互いの行動が丸見えの施設もありましたが

微妙にずれていて目線が合わないように配慮されている施設もあります
素晴らしいですね

二段ベットはしっかり固定されていること

施設によって普通の二段ベットが置いてあるだけのところもありましたが、これだと大人の男が上に上がるとギシギシかなり音がすることがあります

しっかり固定して音が気にならないようにしてほしいです

ベットの頭には必ず電源があり部屋にセーフティーボックスがあること

これはあって当然のものですが、電源がベットになく、明らかに電源の数が少ない施設がありました
今の時代これがない施設は評判を落とすと思います

セーフティーボックスとwifiも同様にあって当然です

出来ればほしいものは窓があってほしい

実は窓のない部屋が多く、朝になっても真っ暗のことが多いです

窓がある部屋にできればしてほしいですね・・・難しいのかな?

ベット周りに関すること

  • プライバシーが保たれる部屋作り
  • カーテン・ベットの位置、ベットの固定をしっかりする
  • 電源・セーフティーボックス・wifiはあって当たり前です

洗濯機と衣類を干すスペースがしっかりある

洗濯機があり干すスペースがしっかりある施設ところはいいですね

干すスペースがなく乾燥機のある施設が結構あるのですが、乾燥機と洗濯機を使うと2時間以上かかる場合があるので少し不便

洗剤もついていてほしいですね、洗濯機はあるのに洗剤がない施設が結構ありました・・・できれば無料であると嬉しいのですが、ないのなら有料販売でもほしいです

あると評価のあがる施設

正直一泊1,500円〜2,500円ほどで泊まれるゲストハウスでここまでしっかりあれば私は十分なのですが、台北にはそれ以上のサービスを提供する施設がいくつかありました

共有ルームが広い

共有ルームがコアワーキング並に充実している施設がいくつかありました

私のようにPCを使う人間にとってはありがたいサービスです

無料の貸自転車がある

台北・台中などは市が運営しているレンタル自転車が大変便利ですが、それ以外の都市にはないところがあったり、あっても利用が不便な都市があります。そんな時、ゲストハウスに無料の貸自転車があると便利ですね

私は利用をしなかったですが、花蓮や恆春・墾丁などの地方都市ではあった方がよかったです

あっても有料のところが多かったです

朝食が充実

朝食と言ってももコーヒーとパンのみの普通のサービスでなく、台中では普通のホテルの食べ放題が出る施設が二つありました

これには正直驚きました・・儲かるのかいなと心配になるくらい充実しています

ここまで充実していなくてもいいかな(笑)台中のゲストハウスが充実過ぎて・・・

タオル類などアメニティーや衣類を洗濯できるなどがしっかりあればいいかな

まとめ・・・良いゲストハウスのポイント

airbnbなどにも応用が利くと思うがアメニティー関連は充実していると嬉しいです

意外にタオル類は置いてない施設が多かったです・・・それ以外のサービスが充実していましたが

  • 部屋か共有リームに冷蔵庫があってもいいですね
  • バスタオルが一枚ほしい
  • ベットはプライバシーが保たれれいること
  • 電源・wifi・セーフティーボックスは各部屋にあって当たり前のサービス
  • 洗濯機と衣類の干すスペース
  • 無料貸自転車がある
  • 共有ルームが充実
  • 朝食がある(食べ放題)(これには驚きです)

ここまでのサービスがあって、平日だと税・サービス料混みで1,800円とかでしたから

台湾のゲストハウスはハイレベルで驚きます

現状のベストなゲストハウス

(台北)

朝食はないのですが、施設の機能が必要最低限しっかりあり、共有ルームがとても充実していました
台北で泊まるならここで十分ですね。平日なら税・サービス料込で一泊1,800円前後

(台中)

現状私が泊まったゲストハウスの中で二強ですね

どちらも朝食が普通のホテルの食べ放題並に充実、部屋も申し分ありません

食事はキウィホテルの方は少し豪華かな・・その他では、共有ルームが広く、駅から近いチャンスホテルがいいと思います

値段はどちらも平日で1,800円代です・・・台中に来た際には是非泊まってください

ちなみにキウィホテルは台中駅前に何店舗かチェーン展開をしていて、もう一店舗に泊まったのですが、朝食はパンのみでしたね・・・コーヒーは常に飲み放題でした 値段もこちらの方が少し高いと謎でした

施設サービスとしては全く問題はありませんが、こちらも少し駅から遠いです

でも、ここの女性スタッフでむちゃくちゃ可愛い子がいましたね♡

キーウィホテルは女性スタッフがなぜか可愛い子が多いw

まぁどうでもいいですがw

個別の詳しいゲストハウスの感想は別記事にして紹介しますね

それでは

関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3