cubの日記 年収100万円の楽しい海外生活術・台湾編

年収100万円で楽しく海外生活をするノウハウと実践記事を紹介しています。副題は「トランク一つで海外暮らし」One Bag Living。本当に欲しい物を選別して好きな国、好きな場所で生活していくブログです。現在、台湾・台中で活動中 9月より中国語学校編が始まります。

[安宿・ゲストハウスレビュー]台湾・恆春 にある「ZL ベッド アンド ブレックファースト (ZL Bed and Breakfast) 」

[記事公開日]2015/12/24
[最終更新日]2016/06/03

[安宿・ゲストハウスレビュー]台湾・恆春 にある「ZL ベッド アンド ブレックファースト (ZL Bed and Breakfast) 」

今回の旅ではできる限りドミトリーに泊まろうと考え、花蓮を離れてからすべてドミトリーに泊まっています

沢山のゲストハウスに泊まってレビューをしていこうと考えているのですが、居心地の良い宿に泊まるとそのまま連泊してしまっています

本当は1〜2泊ごとに宿を変えるのがいいのでしょうが・・・荷物持ってゴロゴロするのも面倒だしなぁと思い記事を書いているところですね(笑)

台湾・墾丁(こんてい)・恆春 (はんちゅん)ってどこ?

地図で見るとここになります

台湾_-_Google_マップ

台湾の一番先っちょの南

12月ですが、晴れた快晴な時は結構暑くて、海に入れこともできると思いますが、反対に天候が悪く風が強いと予想以上に肌寒くこと・・・

恆春は小さな町で半径500mぐたいの範囲に収まってしまうくらいなので、それこそ1時間も歩けば、町の端から端へ行けるぐらいな小さな町です

墾丁は完全なリゾート地ですね 今はオフシーズンで閑散としていますが、観光シーズンは賑やかな町になるでしょう

今は店も閉まっているところが多く、食事に苦労するぐらいですね。恆春までは数キロ離れているので歩いては行けません。バスかタクシーですね・・・まぁチャリでも行けるけど・・

ここでは3カ所のゲストハウスに泊まりました

値段等は時期により違いますので必ず確認してくださいね

台北では微妙な日本人宿に長期に泊まっていたので、今回泊まったところはどれも素晴らしかったですね

写真をあまり撮っていなくて上手く伝えることができないかもしれないのです

特にZL ベッド アンド ブレックファースト (ZL Bed and Breakfast)は素晴らしかったです

ZL ベッド アンド ブレックファースト (ZL Bed and Breakfast) 

町の中心部から少し離れたところにあるためか(それでも徒歩10分〜20分ぐらい)お客さんが全然いなかったですね

こんな良い宿なのに勿体ないですよ

地図はリンク先のアゴダで確認してください。ちょっと入り組んでいるところにありますが正しい表記がされています

IMG_2434

小学校がありその通りの反対側にガソリンスタンドがありその横道を入ればいいです

IMG_2435

家族で経営しているようで、宿は広くてとても清潔です

IMG_2572

受付にワンピースのフィギュアが沢山飾っている 話かければ良かったかな

IMG_2453

一回の共有ルームにはカップラーメンやお菓子、ペットボトルの水やインスタントコーヒー類が置いています

特に注意事項などなく自由に食べてもいいようです

IMG_2454

くまもんブームなの?台湾?

IMG_2456

2階がシングルルーム  3階がドミトリーとなっています

部屋は二つあり 男性部屋・女性部屋に分かれて ベットが4つあります

私はここに五日間泊まったのですが、一日だけもう一人男性が泊まっただけで、ずっと一人で利用していました

IMG_2591

コンセントも各ベットの横に3つずつありネット環境も問題ありません ロッカーも鍵付きであります

女性部屋にはシャワールームがあって、男女混合にならないよう設計されています

IMG_2595

トイレ・シャワールームは共有なのですが、とても清潔に保たれています

IMG_2597

シャンプー・ボディーソープあり

広い廊下は共有スペースとなっていて、冷蔵庫とドライヤーありテレビと椅子・机もありゆったりできます

一階には洗濯機が無料で利用でき干すこともできます

必要な備品はすべて揃っています

施設自体が余裕を持って作られていてとても清潔です

客も私以外ほとんどいなくて大丈夫なのか心配になるくらいでした

ここに限らず他の宿もあまりお客さんがいなかったのでオフシーズンはこんなものなのでしょうか?

それを考えるとシーズン中は凄い人になっていそうだが・・・

個人的には恆春に泊まるならここを一番にオススメします

欠点らしい欠点などないですね

帰り際には店主から

「バス停まで送って行こうか?」と言われたし素晴らしいと思います

私が泊まった時の値段が一泊(税・サ込み)1,969円〜2,363円

今なら2,000円前後で泊まれました

時期によりかなり値段が変動するのでアゴダで確認してください(booking.comにはなかったです)

次回は、他に泊まった2つの宿を紹介します

こちらも素晴らしかったです

それでは

関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3