旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

【南投日月潭】booking.comでも高評価の客室なったの3室の贅沢なプライベートミニ・ホテル「勺光-188」シャオグアン 188(Shaoguang 188)を紹介します。

[記事公開日]2016/10/10

【南投日月潭】booking.comでも高評価の客室なったの3室の贅沢なプライベートミニ・ホテル「勺光-188」シャオグアン 188(Shaoguang 188)を紹介します。

台湾、南投県にある台湾最大の湖であり有名な観光地である日月潭に時間があったので一泊ですが遊びに行ってきました。

天気が良ければ湖を一周するつもりでしすたがあいにくの雨。

そんな残念な天気も今回泊まったホテルでゆったり過ごせば、リフレッシュも出来て、ゆったりとした時間が過ごせると思います。

いつもは一泊500元ほどのゲストハウスを紹介していますが、今回はその10倍の値段はするちょっと贅沢な民宿に泊まってきました。

booking.comでも常に最高評価をつけている、部屋数たった3室の本当に小さな民宿「勺光-188」シャオグアン 188(Shaoguang 188)です。

シャオグアン 188(Shaoguang 188)

日月潭のバスターミナルから歩いて5分ほどところにあり観光を楽しむにも便利なところにあります。

場所

周辺は個人民宿が並ぶ民宿街にあり、新しくリノベをした小さなホテルです。

外見からは個人カフェ店にしか見えません。

  • チェックインは15時
  • チェックアウトは12時

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

一階はカフェルーム、泊まっている客だけが利用する贅沢な空間となっています。

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

午後の時間、ここでのカフェ・ケーキなどはすべて無料、スタップに注文をすれば作ってくれます。

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

ここで好きただけ作業をしても問題ありません。

客室は50平米ほど、広くて清潔なゆったりとした作りとなっています。

客数は3つ、一階に1部屋、2階に2部屋

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

部屋の中にはお風呂とシャワールームが別々にあります。

トイレが壁なしの外側にあるのは好みが分かれるかな。気になる方は部屋の外すぐにも個室のトイレがあります。

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

机を広くてゆったり

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

机の下にある冷蔵庫にはミニジュース4本と水2本が常設。

お菓子とインスタントコーヒー、ケルトあり。

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

アメニティーをすべて揃っています。

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

家にお風呂がないので久しぶりにゆったりお風呂タイムのcubおじさん。

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

スタッフが7時半頃に帰ってしまいます。

10歳以下の子供は宿泊禁止らしいので完全に大人がゆっくり過ごせるホテルとなっています。

スタッフがいない時は冷蔵庫や棚にある物を自由に使っていいと言われました。

ただ、コーヒー機材は触らないでとのこと。

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

朝食は無料で注文すればスタッフが作ってくれます。

これがかなり美味しくて、普通にカフェをやっても通用するほどでした。

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

抹茶カフェ

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

別の個室も見せて頂ききました。

日月潭 勺光-188 シャオグアン 188(Shaoguang 188)

オーナーは30歳の男性

若い男性スタッフが数人で仕事をしていたのですが、一番ぱっとしなくて小太りのオタクっぽい男性がオーナーさん、しかも30歳!凄い!

話は聞くと奥さんがゲストハウスをやりたくて、儲けより自分の好きな空間を作りたかったと話されていました。

ホテルというより贅沢なAirbnbという感じのミニホテルでした。

一泊ではなくて一週間ぐらい泊まりたいホテル・・・ただ値段が高いw

雰囲気、部屋の作り、すべてについて文句のない素晴らしいホテル・・というか小さな民宿?

スタッフもゆったり働いている感じがして羨ましかったですね。

ただその分、値段もそれなりです。

私の部屋は一泊4700元(15,500円)ほど。最近はどこの国も都市部のホテルの値段は高いので特別高いわけではないと思うのですが、周辺の同規模の民宿の値段が1,200元〜2,000元ほどですから2倍〜3倍ほどすることになります。

もう一つはお風呂の排水溝が小さいのでお湯を入れっぱなしにして忘れたりしたら部屋が大変なことになりますので注意が必要です。

台湾のリゾート地で数日間ゆったり過ごそうとお考えなら自信を持ってオススメします。

ほとんどが地元、台湾人が泊まりにくるそうです。

それにしても最新の台湾のホテルのレベルを高くて驚くばかりです。

個性的なゆったりとした時間を過ごしたい方は是非!

それでは日月潭でお待ちしています。

関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3