旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【マイクロ自営業時代】会計ソフト「freee」の無料開業届けで開業届け書を作成しました。これで自営業cub屋の誕生です。

[記事公開日]2017/01/28

【マイクロ自営業時代】会計ソフト「freee」の無料開業届けで開業届け書を作成しました。これで自営業cub屋の誕生です。

世界の好きなところで生きていけるおじさんを目指している、どうもcubです。

ネット収入が増え、今年は本格的にマイクロ自営業を目指そうと考えていますので、遂に開業届けを出すことにしました!

自営業者のcub屋さんの誕生です。

今回、クラウド会計ソフトの無料の開業書作成がめちゃくちゃ便利だったのでこれを利用して作成しました。

それではどうぞ。

開業届けってどうやって出すんだ?

そもそも私、確定申告をしたことがあっても開業はしていないので開業届けを出していません。

ですから、書類の提出や書き方も知りません。

そんな中、クラウド会計ソフトの「freee」が無料で公開している開業届け作成ツールがめちゃくちゃ便利だったのでこれを利用しました。

開業届け書の手順

トップ画面、個人事業主をクリック後、開業/開業届けをクリック

今すぐ開業準備を始めるをクリック

質問に答えるように記入をしていく。

青色申告を選択するとどのくらい税金が得になるか表示されます。

まぁ、私の場合月収20万円で記入したので実はそれほど変わらない気がするのですけどね。

最後まで進むと提出時の注意点や書類を提出する税務署の場所もグーグルマップで表示され物凄く便利です。

簡単に書類が完成!

ものの10分で完成です。

いや、簡単。

青色申告のメリット

青色申告を選択すると青色控除65万円がある。

デメリットとしては帳簿を作成しなくてはならない。

青色控除(65万)+給与所得控除(65万)+基礎控除(38万)=168万円

年収168万円までは所得税ゼロになるってことです。住民税は基礎控除が33万円なので5万円ほど低いが・・

これ以外に経費や社会保障控除を利用しれば月収20万ぐらいなら税金かからないかもね。

今後はネットの会計ソフト「freee」を利用していく

ネットの会計ソフトは「freee」以外には「弥生の青色申告オンライン」「 MFクラウド会計」があります。

私はマネーフォワードを愛用しているのでMFクラウド会計でも良かったのですが、値段が安いのでfreeeにしました。

年会9,800円(税別)

もし、使いにくかったり他の会計ソフトの方が良かったなら変えるかもしれませんが、まずはfreeeを利用していきます。

まとめ

遂にマイクロ自営業になり、新しい一歩に挑戦するcubおじさん。

橘さんの著書、「貧乏はお金持ち」の道をゆっくりとですが歩み始めました。

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3