旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

次世代型海外セミリタイヤ術を紹介したブログです。

デュアルライフ再考。名古屋のURライトは月1万円で借りられるところがある・・ただし

[記事公開日]2017/05/11

デュアルライフ再考。名古屋のURライトは月1万円で借りられるところがある・・ただし

海外生活をするスタイルとしては大きく分けて二つのタイプがあると思います。

一つは旅を続けながら生活をするスタイル

もう一つは海外に幾つかの拠点を構えて生活するスタイル

私は海外に拠点を構えて生活をするスタイルです。

ここで大きな悩みが日本を拠点にするのでなく、海外を拠点にしているため、あまり日本へ帰ることがありません。

今年も3月の二十日間ほどしか日本に戻っていません。

そうなると日本の拠点をどうするか多いな悩み・・問題が常に付きまといます。

日本の拠点を残して海外生活をするか?それとも日本の拠点も完全になくてして海外生活をするか?

今回、名古屋で月1万円ほどで借りられる物件があることを知り、新しい拠点にしようかと画策中です。

今回はそんな物件の紹介です。

格安物件の正体とは!

わーい!格安物件があるぞー!と思ったのですが、もう契約済みにされているようです。

すまんそm(_ _)m

ちなみに、格安物件の招待は

URライトの特別募集住宅

特別募集住宅とは要は事故物件のことです。

特に名古屋で同じ物件に3件も事故物件情報が載っていて、

どんだけ、孤独死多い住宅だよ!って深夜に突っ込んだ物件がここです。

通常の家賃が月18,300円のところが特別募集住宅だと2年間半額の8,500円ほどで紹介されていました。

安い!・・ただし管理費が月5,700円かかるので合計で月14,200円

管理費高い(^ ^)

実はこの物件昔からよく狙っていたのですが、URライトってことで契約をしてきませんでした。

URライトとは期限付きの賃貸住宅で大体1年〜3年で出ていかなくてはなりません。

ここは2年で出ていかなくてはならない。

海外に拠点があるので2年ごとに家を移って行ってもいいかなとも思っています。

場所も中村区・中村公園近くと名古屋駅にも近く生活に便利です。

やはり同じことを考えている人が多いのか、事故物件でも瞬殺で契約されたようです。

孤独死が増え事故物件も増える時代

都心でもこのような公的アパートも孤独死が増えて事故物件化する住宅も増えていくと思います。

今後は選びさえしなければ、都心でも仕事と家は困らない時代になりそうです。

1万円以下の物件が出たら場所に関わらずとりあえず契約していくやり方がいいと思う。

現在住んでいる日本の拠点は秋頃に撤去

一度、日本の拠点をゼロにして新しい拠点を探していくつもりです。

今後は台湾を中心に日本・東南アジアの拠点を探していきます。

もう少し稼ぎがあれば香港辺りの拠点もほしいが今の予算では無理です。

それでは

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3