旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

旅の途中、断捨離に目覚める必要最低限の持ち物とは

[記事公開日]2015/12/29
[最終更新日]2016/06/03

旅の途中、断捨離に目覚める必要最低限の持ち物とは

後数日で今年も終わり

そんなことで来年に向けての抱負でも・・・

その前に、現在、海外長期滞在中で持ち物を強烈に減らしたい欲望んかられています

沢山の荷物を持っての移動はシンドイ・・・

現在持っている物で処分したい物、別の物にチェンジしたい物を上げていきたいと思います

キャリーケース→リュック、風呂敷?

とにかく一番後悔しているのがキャリーケース

長期の旅だからと購入したのですが、そもそもキャリーケース自体が重い

3㎏〜4㎏ぐらいあると思います

それにLCCの中では受託手荷物にすると料金が跳ね上げる会社がある

特にエア・アジア

これでは何のためのLCCか分からないですよね

荷物はどの航空会社でもクリアーする7㎏以下に収まるようにしたい

一番気のなる商品はGREGORY 公式 コンパス40

40ℓで機内持ち込み可能 リュックの重さも700gと軽いです

次回日本に戻った時はこのリュックを購入して利用したいですね

さらなる軽量、風呂敷バックパッカー

更なる荷物の軽量化としては風呂敷で旅をしている方がいるらしく

風呂敷に荷物を包んで移動するなんて方法があるんだと驚きました

防水機能の風呂敷がアマゾンに売っているのがまた驚きですが、5,000円か・・・重さ200g

究極の軽量化として面白いかも・・旅先で話のキッカケにもなりそうですしね

バスタオルやアメニティー類

これ意外にジャマになる荷物

バスタオルは正直ジャマですね、かさばるし乾かないです

バスタオルのないゲストハウス結構多いですから処分するのちょっと迷うんですよ

半分ぐらいの宿でタオル類がないです

できればバスタオルを利用できるところがいいです・・まぁ、夏になれば普通のタオルで十分かもしれませんが

バスタオルはアウトドア用の薄くて乾くのが早い物がいい

 

ちょっと高いですが、買っておくべきでした。普通のバスタオルはホントかさばる

シャンプー・リンス→花王の石鹸でいい

正直、ジャマなだけです、男なんですから石鹸で十分

爪切り、髭剃り、薬等・・今のままでいい

その他のアメニティーはこのままでいいですね

メガネを二つ持ってきたのですが、一応、ワンデイのコンタクトレンズも持ってきたので、二つもいらなかったですね 

メガネ一つ+1dayのコンタクトレンズ

圧縮袋

服などはまどどのくらい必要か手探り状態なのですが、旅行用の圧縮袋は持っていくべきでした

服が一番かさばりますからね

そしてデジモノはどうするか?

ブログを書き続けているので無くてはならない物ですが、一番重い荷物類です

心配しだして、あれも必要これも必要と付属品を予備として持っていくと一番重くジャマになってしまいます

デジモノこそ必要最低限にしようと思う

持っていく商品はこの2つだけ

PCとスマホ

私の場合、アップル製品に統一しているので現状は

  • Macbook air
  • iphons6s 64GB

この2つのみ・・それに必要な付属品ぐらいにしたいと思う

  • モバイルバッテリー
  • 延長コード類

要らないモノは

  • ipadmini
  • 充電式の乾電池
  • 無駄にデカイUBS充電器
  • 便利だけど電池が必要な無線マウス

心配して持ってきた充電式の乾電池はジャマですね

無線型のマウスを利用するときもコンビニで乾電池を買ってきた方がいいと思う

充電器も持ち歩かなくてはいけないし・・そもそもUSBコード付きのマウスで十分だと思う

このようなシンプルな製品でいいと思う

USB充電器もデジモノ少なければ、差込口が二つあれば十分

・・・モバイルバッテリーぐらいしか充電しないしね

カメラは物凄く悩んだのですが、現状は必要なしです

高級コンデジ類は写真が綺麗に撮れるのですが、今の自分には必要なしと判断しました

ただ、何となく撮った写真はほとんど見ないし、スマホで必要な写真が最低限撮れるようになったら考えればいいと思う

カメラを買えば、また付属品を必要になり荷物が多くなるだろうし・・

デジモノはある程度、壊れたり最悪、盗難の可能性も考えて、必要最低限のモノにしていきたい

来年はさらにモノを減らしていき、それでも必要なモノは海外の拠点などに置いておこうと思っている

拠点作りに沢山のモノは必要なし

 

 

関連記事&スポンサーリンク

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

月別日記記事

UA-45357723-3