旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

次世代型海外セミリタイヤ術を紹介したブログです。

ギグ・エコノミー(gig economy)時代の始まりは自分の人生を考えることができる人間が豊かになれる

[記事公開日]2015/06/10
[最終更新日]2016/06/30

ギグ・エコノミー(gig economy)時代の始まりは自分の人生を考えることができる人間が豊かになれる

gig economyという言葉を知っているだろうか?

今、米国で急増している働き方だ

米国で急成長しているgig economyとは?

gigとは英語のスラングで日雇いや単発労働を指す

現在、米国では、ウーバー(Uber)サービスによる空いた時間で自分の車で客を乗せる「オンデマンド・タクシー」が急成長しているが

(日本では規制で上手くいっていない 白タクになるグレーゾン)

あらゆるサービス業でオンデマンド・サービス化が始まっている

日雇いどころではなく、時間雇い労働・・日本の派遣問題など、どこ吹く風だ

 

Uberで食費を稼ぐ米国の主婦 寝ている子どもを起こす前に「一仕事」 | キャリコネニュース

 

 

 

オンデマンド・エコノミーって、つまり終身雇用制度の賞味期間が切れたってコトだヨ – Market Hack

 

 

 

関連記事より

テクノロジーが古い雇用関係を破壊していく

このような新しい働き方が出てくると、当然だが、二つの意見が出てくるだろう

  • 労働者の生活が保障されない不安定な働き方だ
  • 働きたい時に働き、自分の時間が持てるようになる

今の日本の派遣問題を見ていれば、このような働き方は労働者の使い捨て、国賊者の働き方だろう

派遣・日雇いは悪、人として認めない

正社員でなければ日本人にあらず 

豊かな生活は正社員から、正社員ならブラックでもオッケー

何も考えなくても正社員なら豊かな人生を遅れる

そんなところか

もう一つの考えはこの新しい働き方を柔軟に受け入れている考え

雇用はオンデマンドなのだから、サービス残業やブラックは当然だかなしだ

時間雇い労働として時間内だけきっちりと働く

勿論、このような働き方が労働者を豊かにするかは未知数

ただし、何も考えないで働いているだけで幸せになると思っている人間にとってはこのような働き方は物凄く不安で苦痛だと思う

しかし、雇用などそもそも不安定なのが当たり前、未来など誰にもわからない

働き方や生き方など幸福論など所詮、自分で決めるしかない

そう思っている人間にとってはどうだろうか?

そう悪くない働き方だと思うが・・

低所得労働者など所詮、どんな働き方でも不安的

私は介護の仕事を10年ほどしてきたが、所得の低い人間など正社員になったところで(中小零細企業で働いたところで)所詮、雇用など保障されないことだ

働き方、生き方などは結局、自分でしか決めることができない

それが出来ない人間は一生、ブラック雇用主や他人に振り回される人生だと思う

これからの時代は自分の人生は自分で決めていく、デザインしていくことが出来る人間が豊かな人生を送ることが出来る

働き方だけでなく、何も考えないで他人と比べて消費をしていく、言われるがままにお金を運用していく

これからはシンプルライフが普通 35年住宅ローンって何?

 

 

 

 

それでも所得が高ければ何とかなるかもしれないが・・・

gig economy時代は稼ぐ力がとても重要

大切なことは例え1000円でも稼ぐ力をつけること

いきなり自分で稼ぐ力をつけるのは大変だと思う

簡単に自営や企業ができるぐらいなら、誰も苦労はしない

しかし、このギグ・エコノミーを利用して、自分の時間を稼ぐ方向に向けていくことは可能だと思う

派遣・フリーターは正社員化より複数の収入を得る道を探るべき

時間労働が一般化した時、自分の時間を上手に利用して収入を得る道を探していくべきだろう

最初から数十万円を稼ぐのは難しい

しかし、所得を得ながら稼ぐ道を少しずつ増やすていくことは可能ではないだろうか

勿論、その時に節約する力

シンプルライフなどのローコストライフ

お金を運用する力・・手間暇かからないインデックス投資

これらの知識や能力は十分過ぎるほど役に立つはず

国は相も変わらず、正社員化がすべてを解決するような幻想を振りまいてるが

そろそろ自分の人生を他人が幸福にしてくれるなんてことはありえない

そんな当たり前のことに気づくべきだと思うが

収入の分散化・稼ぐ力

中低所得者がこれから必要となる力だと思う

ギグ・エコノミー(gig economy)すら利用してやろう

そのくらいの強かさは身につけていきたい

 

日本でも新しい働き方を提唱されている方は沢山いる

そんな中でも読みやすくて参考になる本がKindleで安売りされています

伊藤洋志著 「ナリワイをつくる 人生を盗まれない働き方」キンドルで300円となっています

彼の本はすべて読んでいるのですが、最初のこの本が一番読みやすく参考になりますね

この機会に是非

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3