旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

【嬉しい報告】最近中国語のレベルがグングン伸びているのが実感として感じている件。

[記事公開日]2017/06/12

【嬉しい報告】最近中国語のレベルがグングン伸びているのが実感として感じている件。

ここのところブログに全く書いていない中国語について・・・

去年の9月から半年間、今年の2月まで中国語の学校に通い、その後は時間のある時ですが週一・二回ほど近所の台湾人と中国語と日本語の勉強会をしていましす。

学校半年+自主勉強3ヶ月。合計9ヶ月

正直、学校へ行っていた頃は中国語が全然上達しなくて気持ちが萎えていたところですが、ここ一ヶ月ぐらい目に見えて自分でも中国語が上達していることを感じています。

学校へ行っていた頃との一番の違いとは・・・

台湾人の言っていることが分かるようになってきた。

最近、特に感じるのが台湾人が何を言っているのか少しずつわかりようになってきたことです。

半年間の学校が終了した頃はこれが全くダメで学校の先生の言っていることがわからない、当然テストのリスニングもダメ、私にとってここが一番の難関で正直、聞き分けるようになるのは無理ではないかと思っていました。

しかし、やはり時間をかければ出来るようになるものです。

少しずつですが、台湾人の言っていることが分かるようになってきました。

今までは全く出来なかったのに!!!

正直、嬉しいですね。四十過ぎてから一から語学取得など無理だと諦めかけていましたが、もしかしたら何とかなるかもと希望が見えてきました。

そうは言ってもまだまだです。

このように書くともうcubは台湾人とベラベラに話していると思われますが、全くそんなことありません。

日常の最低限の生活をおくれるほどのレベルです。

まだまだ語集も文法もダメです。

しかし、通じるようになると語学は面白くなるのでまた勉強したくなりますね(笑)

語学上達にしていること

とにかく口にして発音することです。今はこれをしています。

中国語は発音が難しいので一つの単語をなかなか覚えることが出来ません。

一つの単語を覚えるのに一週間ほどかかることもあります。

全然覚えることが出来ません。忘れる、また口にする、忘れる、また口にするを繰り返すだけです。

とにかく覚えるまで反復していく。日常使う簡単なセンテンスも同様に口にして覚えていく。

これを繰り返しています。

やはり人間少しずつ覚えていくものです。今まで点と点だったものが芋ずる的に線に繋がっていく感じを実感しています。

今が停滞時期から状態時期なんでしょうか?

ただ、これだと漢字と発音記号が覚えられないんですよねw

後、ちょっとした悩みなんですが、中国語の発音記号として「ピンイン」と「ポフォモホ」があるのですが、どちらを覚えようか今だに迷っています。

台湾の学校は繁体字、発音はピンイン、日本では簡体字、発音はピンイン、しかし台湾人は繁体字、発音はポフォモホと不便極まりない。

ピンインで覚える最大の利点はUSキーボードで中国語が打てることです(笑)

普通の台湾人はこれが出来ません。マジな話です。

ポフォモホキーボードでないと打てない人が多いです。これがちょっと不便。

まぁ、最終的にはどっちでも良いと思うのですが・・・

もう学校に行かない、台湾を拠点にするなら「ポフォモホ」にしようかと考えているのですが、どうなんでしょうかね。

今回は簡単な中国語の進展状況をブログに書きましたが、3年か4年後は中国語が話せるようになっているんじゃないかって、変な自信を持ち始めました(笑)

その頃はブログも中国語で書いているかもしれませんよ〜w

それでは、また。

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3