旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

副題「トランク一つで海外暮らし」誰もが海外生活を可能にする新しい生き方を提案する知恵ブログです。

第75回債 個人向け変動金利10年国債の発売が開始されました。金利は最低保証額の0.05%です。

[記事公開日]2016/06/12

第75回債 個人向け変動金利10年国債の発売が開始されました。金利は最低保証額の0.05%です。

しばらくブログで記事にしていなかったのですが、将来、大きな変動があるかもしれないので備忘録として記事に書いていこうと考えています。

はい、個人型変動10年国債のことです。

マイナス金利化の個人向け国債の特徴

個人向け国債は通常の国債と違い幾つか特徴があります。

一つは購入後一年は売却出来ない

ただし売却すると直近1年分の金利を手数料として取られる。現在なら0.05%なので500円(これに税金分は返却される)

そして、最大の特徴は

1年後は額面価格で売却が可能、利子は半年毎に10年国債の利子の0.66%支払われる。

利子は最低保障0.05%は必ず保障されている。

この為、金利の急上昇局面などに強い金融商品と言えます。

債券や国債というと安全なイメージがありますが、実際は金利やインフレによって国債価格が上下します。

特にインフレの時代は債券は不利な商品となることが多いのですが、この30年ほどの時代は大きなインフレは怒っていないため額面が大幅に割れるようなことは起こっていません。

しかし、将来は分かりません。

リスクを取りたくない安全に運用をお考えな方はこの個人向け変動金利10年国債と銀行の普通口座に預けることが一番ではないかと考えています。

固定5年・3年は元本は保障されるが、金利は0.05%に固定されているので変動型のような金利上昇局面で金利が上がる旨みがないので購入する必要はないと思います。

  • 財務省サイト「変動10年」 商品概要

安全資産の運用は

個人向け変動金利10年国債+銀行の普通口座に預ける

関連記事

マイナス金利時代の安全資産の投資先は?

個人向け国債は証券会社のキャンペーンを利用して購入しよう。

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

キャッシュバック額

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

SBI証券で100万円国債を購入すると2,000円のキャッシュバック率にして0.2%です。

国債の利回りより全然いい。

1年後に売却しても1,500円が戻るので1年ごとに売却することも可能だが・・・

証券会社は全く儲からないのでいずれキャンペーン止める可能性もありますね。



現在の日本国債の利回り2016年6月

2年 -0.28%
5年 -0.27%
10年 -0.17%
30年 0.26%

個人向け変動10年国債

第75債 0.05%

 

マイナス金利幅が拡大して30年国債の金利もたったの

0.26%

はっきり言いますが、必ず金のばら撒きを政府は始めるでしょうね。

なんせ国は借金をしても利子を実質払う必要がないのですから、現状はいくらでも借金が出来ることになります。

いずれ深刻な問題になるでしょうが、貰えるものは貰っておいて将来にしっかりと備えておきましょう。

個人的には財政再建などすでに不可能だと思っている。神風特攻よろしくいくところまでいくことになるだろ。

安全資産は個人向け国債などで運用して、将来への備えは、401kやNISA口座など非課税口座でリスク資産を運用していきましょう。

関連記事&スポンサーリンク

税コストを知る!

税コストを知る!

夜勤介護3万円時代突入

夜勤介護3万円時代突入

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3