旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

次世代型海外セミリタイヤ術を紹介したブログです。

【Bitcoin】荒ぶる仮想通貨バブル!アルトコインのRippleは前回紹介から40倍!新しいバブルはどこからともなくやってくる。

[記事公開日]2017/05/22
[最終更新日]2017/05/21

【Bitcoin】荒ぶる仮想通貨バブル!アルトコインのRippleは前回紹介から40倍!新しいバブルはどこからともなくやってくる。

前回ブログでビットコインを紹介した時、2016年10月1日よりおよそ8ヶ月が経ちました。

前回の記事

ビットコインだけでなく仮想通貨全体が凄まじい上昇となっています。

まさしく、いつか見たバブル、仮想通貨バブルとなっています。

今回は仮想通貨の今後も含めて一個人投資家の立場から記事にしてみたいと思います。

それでは!

仮想通貨の驚きの上昇

前回の記事からどのくらい仮想通貨全体が上昇しているか比べてみます。

前回(2017年10月1日)

HeartRails Graph

仮想通貨全体の時価総額がおよそ121億ドル(1兆4,000億円)

ビットコインの時価総額およそ97億ドル(1兆1,000億ドル)

今回(2017年5月21日)

仮想通貨の時価総額8兆3,463億円

仮想通貨 時価総額 比率 価格
Bitcoin 3兆8034億円 45.5% 232,730円
Ripple 1兆5240億円 18.3% 39.5円
Ethereum 1兆3855億円 16.6% 15,100円
NEM 2,321億円 2.8% 25.8円
Litecoin 1,514億円 1.8% 2,957円
その他 1兆7,141億円 15.0%  

 

驚いたのが去年の10月まで圧倒的シェアを占めていたビットコインが半分以下になり、リップルやイーサリアムが2割近いシェアを占めている。

この 2つのアルトコインは去年の10月のビットコインの時価総額を上回っている。

そして注目すべきなのはその他のシェア。

何百・何千とある仮想通貨の価値が急拡大しているのである。

前回は800億円ほどだったのが1兆7,000億である。たったの8ヶ月である。

前回紹介した通貨の価値は

  2016年101日 2017年5月21日
Bitcoin 61,000円 232,730円(3.8倍)
Ethereum 1336円 15,100円(113倍)
Ripple  0.87円 39.5円(45.4倍)
Litecoin  386円 2,957円(7.7倍)
Monero 933円 3,993円(4.2倍)
Ethereum Classic 123円 832円(6.7倍)
Steem  50円  140円(2.8倍)

 

仮想通貨全体の時価総額がこの8ヶ月1兆4,000億円→8兆3,000億円と6倍近く上昇。

当然、どの通貨も数倍に価値が上がり、特にリップリは10倍、イーサリアムにいたっては45倍と株式でいう一生に一度当てることができるか?と言われているテンバーガー(10倍株)を遥かに上回る急騰ぶりである。

仮想通貨は本当に一般に使われるのか?

仮想通貨が将来、一般の通貨のように使われるのかと言われれば私は多分、ないのではないかと思う。

理由は凄くシンプルで物凄く使いにくい。

そもそも、イーサリムやリップルなんてどこで使うの?

ビットコインでさえ、手数料・スプレット・仮想通貨の安全な管理の仕方、など普通の人々から見たら使いにくいのにイーサリムやリップルにいったっては仮想通貨として使うところあるの?と言わざるをえない・

バラ色の技術はほとんど開花しない。

ビットコインに限ったことではないが、過去バラ色の技術という夢(妄想)が大きく語られることがあったがそのほとんどは実現されることなく消滅する。

ITバブルの時はまさしくそうで、あの後、大きくバブルが崩壊、その残骸の中から未来の企業が出てきた。

日本人の売買が50%を占めている?

仮想通貨は今までは中国人が全体の8割〜9割を占めていたと言われています、しかし現在は売買の半分は日本人と言われています。

過去より日本人がやってくるマーケットは相場の終わりと言われていましたが・・・今回は?

個人的には

私は仮想通貨・・特にアルトコインと言われているものに数兆円の価値があることに全く理解が出来ません。

何の裏付けもなく・・多分、技術的裏付けはあると言われそうですが、その技術が本当なのか私にはわかりません。

儲かっている人はこれで大きく財産を作ることが出来たので問題はないでしょうが、これから投資をしようと考えている方は注意をして方がいいと思います。

自分が分からないことに投資をしないことは大切なことです。

仮想通貨に投資をする上での注意点

ソーシャルレンティングの記事にも書いたのですが

課税問題と事業主リスクがあります。

仮想通貨の利益は雑所得になるでしょうから累進課税と保険料アップの2重の大きな課税があります。証券の税のように特定口座で20%の課税だけというわけではありません。

もう一つは事業主リスクです。

ビットコインを扱う業者は、FX業者や証券業者ほど口座の資産管理が安全なわけではありません。

事業主が倒産すれば帰ってこない可能性が高いです。現在は仮想通貨全体の景気がいいので収益上は問題はないのでしょうが、将来問題が起こった時はいろいろとトラブルがある可能性があります。

この2つを解決する一番簡単な方法は証券会社やFX会社が仮想通貨を扱うこと

もう一つは仮想通貨ETFが登場することです。

ボラティリティーは上にも下にも動くことを忘れずに!

上昇が続くとそれが永遠に続く気がしますが、ボラティリティーとは荒ければ荒いほど上下に激しく動くものです。

下落が起こった時は破壊的に値下りする可能性もゼロではありません。

仮想通貨そのものがなくなる可能性だってある。

多分、近い将来にビットコイン脱税とか詐欺などがニュースの話題になる時が来ると思う。

相場に冷静でいることです。

私は今は仮想通貨より金や楽天ポイントの方がほしいです(笑)

今後購入するのか?

しません。

適正価値を測る手段がないからです。

1BTC23万円はあきらかに行き過ぎだと思いますが、相場のことなので自信はありませんが・・・

1oz金貨が今なら1,000香港ドルぐらいで変えるので私ならこっちがほしいですね。

私もビットフライヤーの口座は持っているのですが、一度行くとことまで行って問題点が出てから購入を考えてもいいと思います。

ビットコインに関する記事は今後どうなるか面白そうなので半年に一回ぐらい相場を記事にしたいと思います。

次回は12月ごろ。

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

最新記事

UA-45357723-3