cubの日記 年収100万円の楽しい海外生活術・台湾編

年収100万円で楽しく海外生活をするノウハウと実践記事を紹介しています。副題は「トランク一つで海外暮らし」One Bag Living。本当に欲しい物を選別して好きな国、好きな場所で生活していくブログです。現在、台湾・台中で活動中 9月より中国語学校編が始まります。

【世界分散投資】より分散投資をするため久しぶりの株式購入。購入銘柄は(1583)iシェアーズ・フロンティア株ETF。購入口座はNISA口座で!

[記事公開日]2016/12/02
[最終更新日]2016/11/30

【世界分散投資】より分散投資をするため久しぶりの株式購入。購入銘柄は(1583)iシェアーズ・フロンティア株ETF。購入口座はNISA口座で!

ここ1年大きな積立投資等は全くしてこなかったのですが、来年、少額ですが、新しい銘柄に投資をしようかと考えています。

銘柄は(1583)iシェアーズ・フロンティア株ETF

投資と言ってもそれほど大きな額ではなく、総額で20万円〜30万円ほどです。

株式投資の2%弱の金額です。

先進国+エマージング(新興国)+フロンティアの3つの地域、投資国69カ国と正しく世界に分散した投資を目指します。

フロンティア市場とは?

先進国市場、新興国市場と大きく二つに分かれていた株式市場、新興国より更に発展途上の国24カ国をまとめてフロンティア市場としてインデックスした指数です。

24のフロンティア国とは

1583-ishares-brochure-ja-jp_pdf

欧州 アフリカ 中東 アジア 南米
ブルガリア ケニア バーレーン バングラデシュ アルゼンチン
エストニア モロッコ クウェート スリランカ  
カザフスタン チュニジア オマーン パキスタン  
セルビア モーリシャス ヨルダン ベトナム  
ウクライナ ナイジェリア レバノン    
クロアチア        
リトアニア        
ルーマニア        
スロベニア        

 

世界のGDPに占める割合(2013年末)

時価総額割合(2014年12月末)

世界のGDPに占める割合は4%、株式の時価総額に至っては、たったの0.3%の市場。

とても小さな市場です。

(1583)iシェアーズ・フロンティア株ETFとは

MSCI フロンティア・マーケット 100 インデックスに連動した運用を目指すETFです。

投資国の割合

運用先もアフリカと中東を中心に新興国市場にはないユニークな割合です。

投資先企業もユニークなところばかりです。

1583-ishares-brochure-ja-jp_pdf_1

証券コード 1583
上場市場 東京証券市場
設定日 2012年9月12日
連動指数 MSCI フロンティア・マーケット 100
決算日 年2回(6月・12月)
取引単位 1口
最低取引額 2,820円(2016年12月1日現在)
信託報酬 0.79%(税抜き)
ファンド国籍 米国
純資産総額  558億円

 

市場としての注意点は

sbi%e8%a8%bc%e5%88%b8%ef%bc%88%e6%97%a7sbi%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e8%a8%bc%e5%88%b8%ef%bc%89%ef%bc%8d%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

上場直後に投資国の変更があり、銘柄の大幅な変更があり、インデックス指数としての一貫性がなっていません。

フォロンティア市場は中東・アフリアなど不安定な地域への投資が多く、ここ数年は低迷しています。

新たなリスクとしてはトランプ大統領就任後に新興国・フロンティア国との貿易摩擦か?

ただし、市場指数としては長期の低迷により、他の市場より割安感ありだが・・・

株価収益率11.64倍 株価純資産倍率(PBR)1.64倍

ETFとしては手数料が0.79%と最近としてはかなり割高。

手数料も高いのであくまで少額、30万円ほど投資をしようと思ってます。

来年の話ですが新規NISA口座で購入可能になればすぐに一括で購入する予定です。

購入時の注意

このETFは米国籍のため、米国の課税と日本の課税の二重課税をされてしまいます。

この税率の適用サービスを受けるためには事前に証券会社に「分配金米国源泉税軽減税率適用サービス」を提出しなくてはなりません。

この点は少し面倒ですね。

私はSBI証券を利用しているのですが、書類を受け取りサインをして返信をすると少し面倒でした。

楽天証券はネット上の手続きで完了します。

NISA口座開設時の注意点もいくつかありますので参考にしてください。

参考記事

NISA口座で購入すれば配当も非課税になります。

NISA口座でETFを購入すると購入手数料、売却手数料共に無料になります。

おすすめはやはりネット証券のこの2社です。

個人型確定拠出年金制度も上手に利用しましょう。

注意! 確定拠出年金ではETFは購入出来ません。

積立投資は「iDeCo」口座を利用しましょう

個人型確定拠出年金(iDeCo)口座を開くなら次の2社がオススメです

オススメの確定拠出年金口座はこちらの記事を参考にしてください

ネット証券と同様にネット銀行を利用していな方はこの機会に口座を開いてはどうでしょうか?

手数料が安く便利ですよ。

投資の基本を学ぶのにぴったりな本はこちらです。

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3