cubの日記 年収100万円の楽しい海外生活術・台湾編

年収100万円で楽しく海外生活をするノウハウと実践記事を紹介しています。副題は「トランク一つで海外暮らし」One Bag Living。本当に欲しい物を選別して好きな国、好きな場所で生活していくブログです。現在、台湾・台中で活動中 9月より中国語学校編が始まります。

個人投資家は「相場観」に頼る投資法から卒業しよう

[記事公開日]2015/03/05
[最終更新日]2016/02/18

個人投資家は「相場観」に頼る投資法から卒業しよう

The Market

 

もう一つのブログのコメントでとてもためになるコメントがあったので、それを引用して、ブログを書きたいと思います。

 

2015年2月のポートフォリオと積立先商品 cubの日記 コツコツ投資で2千万貯めました/ウェブリブログ

cubさんが、2007年あたりから、積み立てしていたら、説得力更に高いんですよね。
2009年あたりだと、順張りなんで勝ててもおかしくない相場。
下げ相場はいつの日か来ますので立ち回りが楽しみではあります。

・・・・引用終わり

私はこのコメントを好意的にとっており、批判でも反論記事でもありませんので、そのことを最初に言っておきます。

 積立投資をやりたいが、いつから始めるのがいいのだろうか?

 

積立投資を始めようと考えた時、今の相場がとても気になると方も多いと思います

今の日本株は14年ぶりの史上最高値
ダウも史上最高値更新

何となく・・・高値圏にあるから、調整局面に入ってから投資をしようかなぁ

このように考える方・・・結構、多いと思います

ただ、私の経験から言わせてもらうと

調整局面で株式投資を始めることなど

ほとんど

無理

だと、断言できます!!

私は結果論ですが、2009年1月から積立投資を本格的に始めました

相場の大底は多分、2009年3月〜4月頃だと思います

しかし、振り返ってみると、当時は今のような上昇相場がこれほど続くとは思いませんでした

2009年頃〜は資本主義の終焉、ドルが紙切れになる、米国型資本主義の終わり

このような物騒な記事や本が溢れていました

このような時に投資を始めることがあなたは可能でしょうか?

同様に

2011年〜2012年頃・・安倍政権前頃には

右肩上がり経済の終焉、インデックス投資の優位性の終わり

このように言われ、私のブログのコメント欄でもインデックス投資がいかに間違った投資法かコメントを下さる方が沢山いました

アンチインデックス投資と言われるブログもこの頃に沢山出てきました

言うは簡単、行うは難しいことです

個人投資家がもっと大切にしなくてはならないこと

 

相場観や世界観を持つことが悪いとは思いません

最近では、日本国債の暴落などがそうかもしれません

ただ、世界がどうなるか?日本国債がどうなるか

私個人ではどうしようもない問題です

そのような情報に敏感になるより、継続的に投資を続けることが出来る

「仕組み 」作りの方がずっと大切だと思っています

個人投資家は「相場観」で投資をするより投資を続けることが出来る「仕組み」作りをしっかり作る

投資を始めるのに良い時期などありません

そもそも、いつが良かったのかは、後から振り返ってみて初めて分かるものです

これから、大幅な下落局面に入る可能性だってあります

ですから、そのような時にも続けることが出来る仕組みをご自身で作る方が、経済を勉強して、相場を予測するより、ずっと強いと私は思っています

個人ではどうしようもないことが世の中にはある

そう、割り切って、自分でコントロール出来ることに能力も時間も割く方が結果的に良い成績を残せるのではないかと私は思っています

自分でコントロールできることとは 

 

すべての資産形成はまずは節約から始まります | cubの資産形成実践日記

 

 

例えば、上記のような記事のことですね

ですから、私のブログ上では今が買い時、などの記事は書かないと思います

それより、節約などをして投資資金を作り出す、そのようなことを沢山書いていくと思うので

ご了承して下さいね

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3