旅するように暮らす海外生活術 One Bag Living

海外外こもり研究 グローバルセミリタイヤを目指そう!

「株式投資のリスクとリターン」過去のリターンと暴落をしっかり認識しておこう。

[記事公開日]2016/09/06
[最終更新日]2017/06/07

「株式投資のリスクとリターン」過去のリターンと暴落をしっかり認識しておこう。

株式や債券のリターンは長期的に見ると安定しているように見えます。

しかし、リスク資産である株式やREIT、債券に投資をするからには元本割れのリスクから免れることはできません。

株式の過去のリターンの平均、暴落の下落と自分のポートフォリオのリスクとリターンをしっかりに認識して投資を続けていこう。

各資産の20年間のリターン(単位は%)

1年3年5年10年15年20年
日本株-18.97.411.80.22.40.5
先進国株-17.28.915.34.74.67.3
新興国株-17.91.53.338.85.7
日本債券7.143.12.82.12.6
先進国債券-12.33.78.23.14.95.3
新興国債券-8.18.112.46.57.99.4
日本REIT9.516.418.16.3
先進国REIT-114.918.24.89.710.5
新興国REIT-15.61.28.27.1

直近の1年のリターンで驚くべきは日本債券のリターンが7%もあることです。表面金利はほぼゼロのわけですから、債券価格がドンドン上がっていったことになります。

強烈にボラテリティー(振幅)が大きくなっていることになります。

私の目標のポートフォリオ

目標のポートフォリオのリターン

1年3年5年10年15年20年
ポートフォリオ-10.44.47.42.93.94.2

過去20年の暴落局面の比較データ(5月末の資産額22,511,645円)

期間下落率損失額
アジア通貨危機 1997年7月-1998年10月 (16か月)-3.6%-72万円
ITバブル崩壊 2000年3月-2003年3月 (37か月)-23.9%-478万円
世界金融危機2007年7月-2009年2月 (20か月)
-41.1%-822万円

資産2,000万円で暴落の計算をしています。現在、日本債券等への投資はゼロ、すべて現金で所有。

このポートフォリオでもリーマンショッククラスの暴落が来ると資産が4割、800万円ほど失われることになる。

そのくらい一度、暴落局面が来ると厳しいということです。

更に一度調整が来ると2年〜3年と長く続くことがあります。底値拾いなど容易なことではありません。

暴落はいつ起こるかわかりません。市場が落ち着いてきていますが、こんな時こそ自分は投資のリスクを取り過ぎていないか確認してみましょう。

私は株式などのリスク資産は長期的に大体5%のリターン リスクは20%ほどあると意識しています。

リーマンショックなどの大幅な調整が来れば、最悪株式は半分ぐらいになると認識して投資しています。

各資産の過去20年のリスクとリターン(単位は%)

ポートフォリオ日本株先進国株新興国株日本債券先進国債券新興国債券
リターン4.20.57.35.72.65.59.4
リスク11.618.119.5262.410.815.6

この表で見ると私のポートフォリオのリスクは11.6%

大体この2倍ぐらいの変動はあると思っているので-450万円ぐらいの損失の可能性はあるということです。

私は自分のポートフォリオが大体年3%ぐらいのリターンが上げることも目標に作っています。

参考記事

もちろん、底値や高音など自分で予測できるとは思っていません。

長期的には何だかんだと言って株式市場は上がっていくだろうと楽観的に考えています。

個人投資家は市場の予測をして短期売買を行うと税金や手数料などを結局、沢山払ってしまい、リターンを下げてしまう可能性が高いことです。

参考記事

国債がマイナス金利に入り、安全資産でもリターンが上げにくい時代になってきました。

しかし、債券が急上昇したことによりリターンは大幅にプラスになるという皮肉なことになっているが・・・

まとめ

個人投資家として考えておくべきこと。

  • 暴落した時、マイナスの資産運用に耐えられるか(リスク許容度)
  • 株式のリターンは5%もあれば十分(そんなに高いリターンは上げられない)
  • 無駄なコストは数%のリターンに匹敵(コスト管理は個人でコントロール可能)

NISAを活用するなら紹介した商品がすべて購入可能な大手ネット証券がオススメです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)口座を開くならやはり、この2社がオススメです

私は今後はSBI証券で個人型確定拠出年金&積立NISAを行う予定です。

オススメの確定拠出年金口座はこちらの記事を参考にしてください

ネット証券は不安だとお考えの方には大手証券の大和証券がおすすめです。

ネット証券と同様にネット銀行を利用していな方はこの機会に口座を開いてはどうでしょうか?

手数料が安く便利ですよ。

投資の基本を学ぶのにぴったりな本はこちらです。

私が利用している口座や金融サービスはこちらを参考に

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3