cubの日記 年収100万円の楽しい海外生活術・台湾編

年収100万円で楽しく海外生活をするノウハウと実践記事を紹介しています。副題は「トランク一つで海外暮らし」One Bag Living。本当に欲しい物を選別して好きな国、好きな場所で生活していくブログです。現在、台湾・台中で活動中 9月より中国語学校編が始まります。

2015年2月の資産配分(アセットアロケーション)と投資商品の紹介

[記事公開日]2015/02/28
[最終更新日]2016/07/08

2015年2月の資産配分(アセットアロケーション)と投資商品の紹介

Pie ratio Jon Gilbert via Compfight

 

早いもので2月も終わり、

恒例の資産状況をアップしていきます

口座別の資産状況

口座別評価額評価損益
特定口座9,994,322円+5220,690円
NISA口座1,399,446円+199,873円
確定拠出年金口座3,208,990円+1,052,269円
個人向け10年変動国債4,000,000円
MRF他3,017,043円
合計21,619,801円+6,472,832円

 

 

2015年2月のポートフォリオ

アセット別割合評価額
日本株投信10.9%2,355,600円
先進国株投信36.9%7,969,742円
新興国株投信14.0%3,030,699円
REIT4.8%1,046,315円
円建て債券他33.4%7,217,445円
合計100%21,619,801円

 

リスクとリターン

10年ヘッジあり10年ヘッジなし20年ヘッジなし
リターン6.9%8.0%7.0%
リスク10.0%12.8%12.3%

参考サイト

 ヘッジあり なし 10年

Funds-i 投信アシストより

ヘッジなし 20年

わたしのインデックスより

ヘッジありは

先進国株式投信→先進国株式 ヘッジあり

外国REIT→外国REIT ヘッジあり

として計算しています

円建て資産と外貨建て資産の割合

円建て資産44.3%9,573,045円
外貨建て資産55.7%12,046,756円

 

リスク資産と非リスク資産の割合

リスク資産66.6%14,402,356円
非リスク資産33.4%7,217,445円

 

このポートフォリオでリーマンショックが起こった時の下落率

-36.2%-7,826,367円

★1月の投資資金は10万円です

今年は上限10万円をメドに積み立てていきます

★投資した金融商品

・確定拠出年金口座にて 

 (利用している金融機関は琉球銀行です)

野村アセットマネジメント | 野村新興国株式インデックスファンド (確定拠出年金向け) | 商品

月34000円

野村アセットマネジメント | 野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け) | 商品

月34000円

リスク資産への今月の積立額 68000円

MRF 

 32000円

今月の投資額の合計10万円

★その他 MRFから他の資産への組み替え

NISA口座にて購入した商品

eMAXIS 国内物価連動国債インデックス | eMAXIS | 設定・運用は三菱UFJ投信

月50000円

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド-投資信託のニッセイアセットマネジメント

月50000円

★売却

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド-投資信託のニッセイアセットマネジメント

50000円

特定口座に間違えて購入してしまった商品ですが、結局、売却してしまいました

投資をしている金融商品は

・日本株投信

TOPIX連動型上場投資信託

・先進国株投信

三井住友TAM-外国株式インデックスe
野村DC外国株式インデックスMSCI-KOKUSAI

・新興国株投信

(1582)iシェアーズ エマージング株ETF
三井住友TAM-SMT新興国株式インデックス・オープン
野村新興国株式インデックスファンド (確定拠出年金向け)

・その他 

EXE-iグローバル中小型株式ファンド

・RIET

Funds-i野村インデックスファンド・外国REIT
ニッセイグローバルリートインデックスファンド
eMAXIS新興国リートインデックス
野村世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)

・債券投信・安全資産

ニッセイ国内債券インデックスファンド
eMAXIS 国内物価連動国債インデックス
個人向け変動10年国債
MRF他

世界的な株高でリスク資産の割合が徐々に上昇しています

今後の積立投資については、もしかしたら、リスク資産への投資を減らす可能性もあります

確定拠出年金口座での投資はリスク資産100%でいくつもりですが、大幅にポートフォリオの形が崩れるようでしたら、一時的にキャッシュで積立を行うかもしれません

アベノミクスは一部の富裕層のみ恩恵を受ける

格差社会だと批判する人もいますが

正しい投資の知識を持ち、実行すれば、所得など関係なく恩恵を受けることが出来るはずです

無論、リスク資産を所有するわけですから、ノーリスクではありません

長い人生・・・そして投資も、ゆっくり腰を据えて資産形成をしていきましょうね

 

それでは、今後ともこのブログをよろしくお願いします

関連記事&スポンサーリンク

カテゴリーから探す

月別日記記事

UA-45357723-3